« 今日は休みなので | トップページ | 今日のゴーヤー6/24 »

2013.05.27

いよいよ秒読み

代々木公園の薔薇。


Bara130525

来月15日の民謡コンクールの演奏曲と番号が決まり、いよいよ本番に向けて秒読み状態。


昨日、課題曲の三曲のうちどれになるかが決まり早速連絡を受け、ほっとして臨めるようになりました。
曲は「世宝節」という唄。

とにもかくにも曲から決まらないうちは落ち着かなくて、どれが当たっても良いようにまんべんなく練習するのだけど、やっぱりどっちつかずの中途半端な感じになるので、早く曲が決まらないかなあとやきもきしてました。


決まればもうそれに集中して臨めるので、全く心境が違ってきます。
もう既に半分合格したような錯覚にも陥る(苦笑)

しかし、実際はまだまだ全然駄目出しばかりで、昨日の教室でも散々注意されてきました。
「早い」
「実力に合わせてゆっくり唄え」
「唄い出しがダメ。オペラみたい」


etc、、、、

もう何度もずっと同じような事ばかり言われて、自分でもうんざりするけど先生もうんざりしてるかも知れない。とほほ。

本番に備えて、今度の日曜日は関東にある教室全体での立ち稽古。
その次の週は鶴見で立ち稽古。
その週の金曜日には沖縄へ。
そして土曜日本番。


順番は192人中141番。
たぶん夜になっているだろう。
それもほんとなら午後一くらいに出たかったけど、それも抽選だからしょうがない。
焦らず待つしか無い。

本当にもうここまで来たら焦ってもしょうがなく、人事を尽くして天命を待つ、という心境。


不安は残るけど、今年どうしても合格したい。
そして再来年の最高賞を受けたい。


別に今年不合格でも来年またチャレンジすればいいじゃないか、とも思うけど、いやいやそういう甘えが出たら気が緩む気がして考えないことにした。


2年前に今の協会に移って、それまでのやり方と180度違って、何もかも一からやり直しという感じで苦労したけど、新人賞は取りあえず間違えなければ合格、という感じだったけど優秀賞からはそういう訳にはいかない。
沖縄の唄の難しさ、本当の民謡の難しさが身に染みて苦労する。


自分ではちゃんと唄えたかと思っても、全然出来てないらしい。
一つ直すと又一つ、という感じでモグラたたきのように後から後から出来てない所を指摘される。
うんざりするくらいに注意されて、いい加減泣きたくなる。


一体この2年間、自分は何をしてたんだろう?と思わなくもないけど、それほど難しいのだ。


それでもまだ「優秀賞」だから、ここまででいいい、というレベルらしい。
その上の最高賞になるとまたさらに難しい事を要求される。
本当に果てしない。

それでも公平なコンクールに臨むという決意をしたのだから、所精一杯頑張ろうと思う。
死ぬまで勉強だな。

|

« 今日は休みなので | トップページ | 今日のゴーヤー6/24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/57470620

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ秒読み:

« 今日は休みなので | トップページ | 今日のゴーヤー6/24 »