« 再びの場所 | トップページ | 今年は止めようかと思ったけど »

2013.04.17

覚え書きその2

去年の冬にも書いたと思ってブログを読み返してみた。


今現在、自分が弾ける曲ややりたい曲を書き留めておいて時々見直す。
去年の1月の時点では、その時弾けて唄える曲は20曲くらいだった。
今は30曲近くある。
8年半三線やってきて、自分では少ない方だと思っていたけど、他の人に聞くとそうでもないらしい。

090725sanshin


しかし、今の教室で習ってる曲がやたら多く、自分自身はほとんで知らない曲だったり唄えない曲なので劣等感を持っていた。
自分自身では出来ていたと思っていた曲も、今の教室での指導では唄が全然駄目らしい。
毎回コンクールのための練習では厳しいダメ出しをされて、へこみながらも必死に頑張ってる。


たぶん、今の教室で教わってなくて自己流でマスターした曲はもしかしたら駄目だといわれるかも知れない。(実際そういう曲もあった)
教室で習うと型にはめられるから嫌だ、という人もいるけど、一から自分でやるというのは全く不安だし、何しろ民謡そのものをほとんど知らなかったのだから誰かに教わるしかないと思ってた。

今でも、今の教室に入ってなかったら一生知らないでいたかも知れないと思う曲も多い。
その中には好きになれない曲もあるけど、それでもこういう曲があるということを知っただけでも良かったと思っている。
沖縄にはまだまだ知られていない、良い民謡があるんだろうなと思う。

誰かがそれを残して行かないといけないんだろう。


今の処、メジャーな曲というか、唄い易い曲ばかりマスターしてる感じだけど、これからはそういう訳にもいかなくなるだろうなと思う。
本当の、難しい民謡も唄えるようになるためにコンクールも挑戦していくつもり。

今出来る曲:
民謡系

1. てぃんさぐぬ花
2. べーべーぬ草かいが
3. 赤田首里殿内
4. ちんぬくじゅーしー
5. 大村御殿(耳切り坊主)
6. 女工節
7. 二見情話
8. 西武門節
9. 白浜節
10. 白雲節
11. 安波節
12. 伊佐へいよー
13. 揚デンサー節
14. 童神
15. ちょんちょんキジムナー
16. ましゅんく節
17. 世宝節

ポップス系

1. えんどうの花
2. 涙そうそう
3. 花
4. さとうきび畑
5. 芭蕉布
6. 娘じんとよー
7. 一九の春
8. 安里屋ゆんた
9. 故郷
10. 朧月夜
11. 浜千鳥
12. アメイジンググレイス
13. 出船

今練習中の曲:


1. 遊びしょんかねー
2. 恋ぬ花
3. 仲島節
4. 南洋小唄
5. 肝がなさ節
6. 南洋浜千鳥
7. 島尻千鳥
8. やっちゃー小

もっとあるけど、割愛。

去年の1月には全く頭になかった曲も出来るようになってたりするのが不思議。
でも過去にやって忘れてしまっている曲も沢山あるので、それもまた練習しなくちゃ。


沢山弾ければいいというものではないと判っているけど、沢山の曲を知りたいという思いは強い。
一生勉強だな。

ーーーーー追記。


最近出来た曲。

『ましゅんく節』


苦節6年半くらいかけてやっっと弾けるようになりました。
前の師匠の元でグループ練習をして、その時には全然出来なくて、今の所に移ってからは教室ではやらないので練習してなかったんだけど、ずっと疑問に思ってた事を教えてもらったのでもう一度やってみようと思い、今月に入ってから一人で猛復習したら結局1週間くらいで完成してしまった。
(まだまだ完璧じゃないけど)

一度練習したものは、時間を置いて再練習しても結構すっと身に付くもんだということが判った。
一度寝かしておくと却っていいのかも知れない。
間2年半くらいはほっといたんだけど、下地が出来ていたからなんだろうな。

そういう曲がまだあったような気がする、、、、、
思い出して頑張ってみよう。

|

« 再びの場所 | トップページ | 今年は止めようかと思ったけど »

コメント

こんにちは。時々拝見しております。

ましゅんく節は3年前から弾きたくてうずうずしていますが、いまだに弾きたい工工四が見つからないので練習できません。

自分が気に入ったメロディーと同じでないと違う曲のように感じるので、手元にある工工四では弾きたくないんです。我が儘なことだと重々承知していますが、音楽は感性ですから仕方ありません。


ハルさんのましゅんく節はとてもお上手だし、メロディーもよく似ていますが、私のあこがれのましゅんく節とは少し違うようです。沖縄民謡は幅があって難しいものですね。そこがまた良い所でもあるんでしょうが。


投稿: スローハンド34 | 2013.05.11 23:52

スローハンドさん、始めまして。ようこそ。
沖縄民謡は難しいですね。でもそこがいいところですよね。
工工四はあくまで基本であって、そのとおりに弾かなくてもいいと思うのですが、しかし土台がなくては何も出来ないと思うので、取りあえず弾いてみてそこから自分也に変えていけば良いと思うんですよ。
取りあえず弾いてみて唄ってみましょう。
あこがれのましゅんく節がみつかりますようお祈りしてます。
やっぱり地元の伊江島出身の方のがいいかも知れませんね。

投稿: hal-3 | 2013.05.12 01:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/57188886

この記事へのトラックバック一覧です: 覚え書きその2:

« 再びの場所 | トップページ | 今年は止めようかと思ったけど »