« 旧正月の夜に | トップページ | 沖縄の星とちっぽけなワタシ »

2013.03.08

梅見日和

昨日、陽気も良くなったので思い立って梅を見に行くことにした。


神谷町にある光明寺さん。

Koumyouji1303075


Koumyouji1303071

徳川家に梅の花を献上して喜ばれたことから、お寺の名前の前に梅上山と付けて良いと言われたらしい。

Koumyouji1303072


結構古い、由緒正しいお寺さんのようだ。


Koumyouji1303076


Koumyouji1303073


白梅はこれからのようだった。

Koumyouji1303077


それでも綺麗に咲いてました。

Koumyouji1303078


紅梅はもう散りかけだそう。
白と赤で咲く時期が少しずれているらしい。


Koumyouji1303074

お寺の境内からは東京タワーとオランダ大使館の森が見える。

Koumyouji1303079


都会のど真ん中にあるのに、一歩中に入ると静かで、不思議な感覚になる場所です。


実はこのお寺は、境内をテラスとして一般解放していて、そこにはテーブルや椅子がいくつか置いてあり、オープンカフェの様な感じにしてあって、ランチ時になると近くの会社のサラリーマンやOLさんたちがテラスのテーブルで食事をとる事が出来る、面白いお寺なのです。


お墓を見ながらランチするのも最初は変な感じなんだけど、慣れると不思議に落ち着くのです。


そしてこのお寺の一番の特徴は、時々本堂でライブを開催していること。


Koumyouji13030710


最初、何気なくネットで見つけて「お寺でジャズライブやってる〜!?」と意外に思い、もっと調べて行くと傾聴会なるものをやってるという。
お坊様が話を聞いてくれるというのだ。
しかも無料で。


以前にも書いたかも知れないけど、お茶を飲みながらお坊様が悩みを聞いてくれ、しかも只で良いというのは、一体どういうことだろう?と不思議に思い、去年の5月頃始めて訪れた。
その時悩みを聞いてもらったことでとても落ち着いたので、すごく感動して帰って来て、また是非梅の季節になったら来てみようと思っていたのです。


そして今回は友人も連れて梅見がてら行って来ました。


約10ヶ月振りにお会いしたというのに、ちゃんと覚えていてくれて、そして悩みの事も覚えていてくれて「その後どうですか?」と聞かれたのには驚いた。
本当に誠実そうで、真面目な和尚さんなのです。
まだ若いのに、偉いなあというのが素直な感想です。


自分なんて、とっくに50も超えているのに未だにくだらないことでうだうだ悩んで、ちっとも煩悩が抜けない。
ていうか煩悩だらけ。


昨日も実家の親の悩みな聞いてもらって、面倒くさいだろうに真面目にずっと黙って聞いて下さって、誠実に答えを探している姿に感動しました。
結局結果というのは出せなかったのだけど、時間もずいぶん延長してくれて悩みも聞いてもらえたので満足でした。
最後の言葉は、結局全ては「修行」なのだと。

そうですね、と応えて何となく吹っ切れたので満足して帰って来たのだけど、今辛い事も理不尽に思える事もすべて「修行」なのだと思えば良いのだと。
いかにもお坊さんらしい言葉だけど、何となくおかしくなって、悩むのがバカバカしくなって、それだけでも相談した意味があったのかも知れないと思う。
ただ聞いてもらうだけでお悩みの半分は解決するようなものだろう。


その後一緒に行った友人と広尾でランチして、
Hasizume130307


近くの有栖川公園に梅を観に行った。


Arisugawa1303071


ここも東屋の廻りの梅が有名で、桜の時期は騒々しくなるけど梅は割と静かに見られるので良い処です。


Arisugawa1303072


天気も良くて暖かくて、本当に絶好の梅見日和。
外人さんも一生懸命梅の花の写真を撮ってました。

Arisugawa1303073_2


久し振りに来た有栖川公園。この陽気でカメたちも日光浴してた。

Arisugawa1303074


そして何となく良い気分になって帰って来て見たら、朝は咲いてなかった我が家の沖縄の桃も一つ花が開いてました。


Kimomo130307


少し前からつぼみが沢山付いてるのには気がついてたのだけど、この処の陽気でやっと花開いたようだ。
これから一気に咲くのだろう。


この桃の木の苗をくれた人を思い出しながら、そういえば一昨年始めてこの花が咲いた頃はすごく悩んでいたなあ、と思い出す。
今はもう何の感情も無いといえば嘘だけど、この陽気のように穏やかに思い出せることが出来て、少し煩悩が抜けたのかな。と思う。
時間が全てを解決してくるとは思わないけど、梅や桃の花のようにきっといつかその時期が来たら全てが上手く回るのかも知れないと思う。


花は冬の間もじっとしてるけど、その時期になると焦る事無く自然に何事も無かったかの様に花が咲くよね。
偉いよね。
じたばたしてもどうしようもない事も、いつかその時期がくればすっぽり何かにはまることもあるのだろうと思う。その時期を待つしかないかも。

|

« 旧正月の夜に | トップページ | 沖縄の星とちっぽけなワタシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/56912240

この記事へのトラックバック一覧です: 梅見日和:

« 旧正月の夜に | トップページ | 沖縄の星とちっぽけなワタシ »