« ガジュマルとナーベーラー | トップページ | 天高くナーベーラー肥ゆる秋。そして人間も。 »

2012.09.24

秋の恒例行事

我が家の秋の恒例行事というと、ゴーヤーの撤収作業なのだけど、今年はそれはなかった。
今年は白ゴーヤーしか育たなくて、しかも最初の7個の実が付いた以来さっぱり雌花が咲かずに尻すぼみの感じで終わってしまったのだ。


当初アバシの種も植えたのに、壁の改修工事の荷物置き場になってしまい全滅してしまった。
その後、去年のこぼれ種から芽が出るかと期待していたのだけど、結局出て来なかった。
よっぽどダメージが大きかったらしい。


しか〜し!
雑草はやっぱり逞しかった。
工事が終わった7月半ばから、ずんずんずんずん成長して行ってあれよあれよという間に庭一面を覆ってしまった。

こんくらい↓
Niwa120920


今年の夏は(今年も?)色々忙しく、そのうち草むしりをしようしようと思いつつ9月になり、もうにっちもさっちもいかない感じになって、さすがに自分一人ではきついな、と感じ、よっぽど業者に頼もうかと考えたのだけど料金もバカにならない。


それなら少しお金を払ってでも、友人に手伝ってもらおうかと思い、近所にすむ昔からの友人にお願いしたところ、お昼ご飯を提供する程度で快く引き受けてくれたので一緒に草むしりをすることになった。
持つべき者は友、である。


アウトドアの好きな友人なので、電気ノコとか色々な道具を揃えている。

いっそ芝刈り機で雑草をガ〜ッと刈ってしまいたいくらいなのだけど、どちらにしろ根っこごと伐採しないといけないので地道に手で抜いて行った。
しかしジャスミンや蔦の絡んだところは電気ノコで切ってもらって、楽に切れて助かった。

二人掛かりで午前中いっぱいかけてすっきりさせました。


Niwa1209202


すっきりして嬉しかったのだけど、それまで草むらで隠れて涼を取っていたピコちゃんはうろたえていた。


蛙たちも隠れ場が無くなって焦っていた。

Kaeru120920


慌ててる感じがすごく可愛かったけど、いつの間にかどこかへ行ってしまった。
せっかく雑草の茂みに隠れて涼んでいたのに、五月蝿いわ陽が当たるわで、たまらず逃げ出したのだろう。ごめんね〜

刈り取った雑草の量も半端じゃない。

Niwa1209203


ホントはその後春に買ったミニ耕運機で土をならしたかったのだけど、お昼になってしまったのでその日はそこまで手が回らなかった。
嬉しかったのは、もうすっかり諦めていた白ゴーヤーに一個だけ小さい実が付いていたこと。
早速ランチのサラダにトッピングして友人と一緒に食しました。
採りたてで新鮮だから美味しい。

Ryouri120920

、、、とその後4日経つけど、雨が降ったりお彼岸に出かけたりして庭の雑草はそのままです。
明日あたり庭を耕そう。


ゴーヤーは駄目だったけど、ナーベーラーはしっかり成長してくれて、今花が満開です。


Niwa1209224_2


小さい実も結構付いてるので、来月あたりが収穫のピークかも知れない。


もう一つ、我が家の秋の恒例行事はお彼岸のお墓参り。
昨日行ってきました。
春先にも行くけど、お彼岸に行くのは秋だけなので小田原まで軽い日帰り旅行の感じで、毎年ロマンスカーで行って来ます。

Odawara1209231


なんで小田原くんだりにお墓があるんだと思ってうんざりすることもあるけど、まあ観光や温泉に入る時もあって気分転換に楽しめるから良い方に取ろうと考えて最近は開き直って楽しみにしてます。
そういう時くらいしか会えない親戚にも会えるし、結婚して出て行った子ども達にも会えるし。


うちの婚家の菩提寺は、小田原の国道1号沿いにある光円寺というところ。
もう100年以上続いている由緒ある寺らしい。


入り口の処に立っている大きな銀杏の樹。


Odowara1209232


墓参の後は、やっぱり旅につきものの美味しい物を食べることにしてます。
昨日は、小田原市役所近くにある有名な日本食のお店「だるま」さんで昼食をいただきました。


その日のお薦めで「伊勢エビ」と書かれてあったので、せっかくなので旬の物をいただこうと思い注文した「伊勢エビの刺身」。

Odowara1209233


さっきまで水槽で泳いでいたんだろうな、と思える新鮮さ。
ひげもぴくぴくと動いてて、可哀想だと思うけど新鮮で美味しかった!
身を食べた後に、頭をお椀にして持って来てくれます。


Odowara1209234


左は鬼ガラ焼き。
少し小さめの伊勢エビだけど、やっぱり美味しかった。
小田原は海の側で刺身やお魚が新鮮で美味しいのだけど、昨日の伊勢エビほど美味しかったのは始めて。美味しくいただきました、ごちそうさまでした。


おばあちゃんのお墓参りにかこつけて、たまに食べる贅沢な食事は本当に美味しくてついでに飲むビールも美味しくて、皆大満足。
草葉の影でおばあちゃんは呆れてるかも知れないけど(笑)、半年に一度のことなので大目に見て下さい。

小田原駅で次男と四男。


Odowara1209236


お土産。

Odowara1209237


見事に酒の肴のようなものばかり(笑)。

お彼岸のお墓参りが済むと一気に気分は冬へ。
年末の大掃除やらお正月の心配やらしなくちゃいけない。
う〜ん、面倒くさい。
来年こそは家庭菜園をきちんとしよう。


|

« ガジュマルとナーベーラー | トップページ | 天高くナーベーラー肥ゆる秋。そして人間も。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/55735836

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の恒例行事:

« ガジュマルとナーベーラー | トップページ | 天高くナーベーラー肥ゆる秋。そして人間も。 »