« イベントのお知らせと花 | トップページ | お狐様騒動記 »

2012.07.06

待ってましたとばかりに

一昨日、家の回りを囲んでいたビニールと足場が解体されてやっと息を吹き返したような我が家の庭だけど、植物たちには相当ダメージが大きかったと思う。


Ie1207062_2


家の壁は確かにきれいになった。


去年の秋、家の内部の修理の時に壁の塗り替え工事も一緒にするかも知れないと思い前もって庭全体の樹の剪定や伐採などをしていて、がじゅまるの樹も上三分の二くらいばっさりと切り落としてもらった。
春になったら又葉っぱも生えて来るだろう、と思っていたがそうでもなく、そのうち梅雨に入って工事が始まってざわざわしてきたらとたんに成長が止まってしまったようだった。


まさかこの大きさになってからは枯れたりはしないだろうと思ったけど、内心ハラハラして見ていた。
もしかしてキジムナーが怒ってどっかいっちゃって(いや最初からいるかどうかは定かではないけど)、このまま枯れてしまったら不吉だなあ、と思った。


それでも、がじゅまるは何とか下の方から若葉が出て来て安心した。


沖縄のキー桃も大分剪定した。
桃の方がダメージが大きかったようで、結局一個も実が付いてなかった。
花も少なかったけど、壁の工事がなかったら少しは実をつけていたかも知れない。

Kimomo120706


葉っぱも、まだ元気が無い感じ。

あんなに茂っていた月桃の葉もすっかり枯れてしまったが、来年にはまた復活するだろう。


Niwa1207061


しかし、今日庭を見ていると月桃の前に、なんと工事の時に色々なものが置かれてて無惨な感じになっていた場所からナーベーラの芽が出てるのを発見!

それも二個も。
一つは本葉まで出ている。
昨日まで全く気がつかなかった。


Naabera120706

まるで「待ってました!」とばかりに芽を出した感じがする。

ナーベーラーはゴーヤーほど強くないので、ほんとに諦めかけていたので嬉しい!

しかし、肝心のアバシは全く一個も芽を出してなかった。

Niwa1207063


蔦やジャスミンの蔓は繁茂してて、塀に立てかけられた布団干しの棹に絡みついてて、引きはがそうとしてもはがれないくらいだった。


Niwa1207064


これは枝切りばさみで切らないと駄目な感じだったので、取りあえず置いておく。


裏庭の片隅はそのまま放置されたままだったので、雑草やジャスミンが生え放題な感じになっている。


Niwa1207062


塀の向こう側にも繁茂してるから、何とかしなくちゃいけないけどちょっと大変そうだ。

その中でも、白れいしの一本は頑張って成長していた。


Siro120706


1メートルくらい伸びていて、ほっときっぱなしだったのにちゃんと自分で蔓を塀に絡ませて上って行ったようだ。
偉い偉い。
何とかこの子だけでも無事に成長してくれる事を願う。


といってもまだアバシも諦めた訳じゃない。
ナーベーラーや家の前のオシロイバナのように、逞しく芽を出して来るのを祈って待ってる。


バナナは何とか頑張って成長している。


Banana120706


本当に家全体はきれいになったんですよ。


Ie1207061

ご近所の方に、工事中はご迷惑おかけしてすいませんと頭下げると、皆さん綺麗になって良かったですね、と言って下さる。
そして、ガジュマルの樹がまだ葉っぱが少ないのを見て、また大きくなるわよねえ、と心配して下さる。
有り難い。
はい、たぶん沖縄の生物は生命力が強いのできっと復活します。 
私も。

|

« イベントのお知らせと花 | トップページ | お狐様騒動記 »

コメント

新築のように立派なお家ですね。
お庭の植物たちは工事中は戸惑っていたかもしれませんが
これか遅れを取り戻すようにらどんどん成長するのでは?
東京に住んでいてこれだけ広いお庭があって羨ましい。
秋の収穫が楽しみですね。

投稿: ぴえろ | 2012.07.07 13:32

ぴえろさん、ありがとうございます。
外側は何とか綺麗になりましたが、中はぼろぼろです。
中まで手が回らなくて。

これから遅れを取り戻してくれるといいのですが。

投稿: hal-3 | 2012.07.09 16:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/55134032

この記事へのトラックバック一覧です: 待ってましたとばかりに:

« イベントのお知らせと花 | トップページ | お狐様騒動記 »