« 今日のゴーヤー8/19 | トップページ | 久し振りにインドネシア料理教室 »

2011.08.26

ボランティア

先週の17日に、始めて駒場にある老人ホームのデイケア施設でライブをしてきました。


Yumehuru110817


左が一緒に行った長男。右は同じ沖縄出身のアベさん。
グループ名は「ハルハル&アビィ」です。


12日から16日まで沖縄へ帰省していて、帰って来た翌日のライブ。


相当疲れていたのだけど、案の定というか、ちょっとハチャメチャで上手く出来ませんでした。
始めての場所で始めての経験で、あげく始まる前に少しばたばたしてしまったので、落ち着かない状態でスタートしたら、ミスしまくり。


完全に工工四(三線の伴奏)を覚えていなかった曲はもうぼろぼろ。
自分でもここまで出来ないか!と思うほどで来ませんでした。
情けない。とほほ。


と思っていたら、聴いてくれたお年寄りの方達にすごく喜ばれて感謝されて褒められて泣いている方もいて、こちらが恐縮するほどに感激してくれたので、とても驚きました。
そして素直に嬉しかった。


もしかしてあの方たちは誰のどんな演奏にも感激してくれるのかも知れないけど、それでもとても嬉しかった。
こんなに喜んでもらえるのなら、もっと早くにやっていれば良かった。
と思うほど。
お年寄りの方の方が純粋で、感受性が強いんだろうと思います。


ギャラはもらえなくても、もっと大切な者をいただいた感じで帰りました。
ボランティアって、こういうことなのかなとふと思ったり。

そして今週の水曜日は、以前サンシン教室で同期だったAさんの勤める、等々力にあるホームで唄ってきました。


Kyouai1108243

Kyouai1108241


ここでも皆さんに喜んでもらえて、また次回もお願いしますといわれて帰って来ました。


2度目ということもあり多少は慣れたものの、やっぱり完璧とは言えない演奏でまたまた課題の残るライブでしたが、これから駒場と等々力のホームで毎月演奏に行く事になりそうです。
人に喜んでもらうことが自分の喜びにもなる。
嬉しいし自信もつきます。

きちんとしたライブでないけど、どんなところであれその日その時に自分の持てる力を精一杯発揮出来るようにしなければ、とも思い、本当にもっと早くやっておけば良かったなあとしみじみ思います。


私は両親が共働きだったので、おじいおばあに育てられたのでおじいちゃんおばあちゃん子です。
お年寄りの方には本当に親近感を持つというか、おじいおばあを思い出して懐かしくなるのですが、もっとおじいおばあ孝行しておけば良かったなあ、と本当に今になって思う。

三線やってたおじいに三線習っておけば良かったと今更ながら思う。

おじいおばあの生きている時に唄を聴いてもらえば良かったと思う。


せめてその代わりといっては何だけど、今出会うお年寄りの方に沖縄の唄を唄っておじいおばあ孝行の代わりをさせてもらえたらと思います。
おじいおばあも天国で見ててくれるかしら。

そしてその帰りに等々力渓谷へ。


Todoroki1108241


その日もまだ残暑の残る暑い日でしたが、渓谷の中はひんやりとして気持ちよかった。


Todoroki1108242


次回行く時は帰りでなく行きに通って、気持ちをリフレッシュさせて臨みたいなと思います。

|

« 今日のゴーヤー8/19 | トップページ | 久し振りにインドネシア料理教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/52573798

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア:

« 今日のゴーヤー8/19 | トップページ | 久し振りにインドネシア料理教室 »