« 2010年沖縄夏休み写真日記一日目 | トップページ | 2010年沖縄夏休み写真日記四日目 »

2010.09.03

2010年沖縄夏休み写真日記二〜三日目

前から度々書いているような気がするけど、沖縄の旧盆はキチガイ(差別用語ですね)沙汰です。
なんであんな苦労してまでやらなくてはならないのか、さっぱり意味が判らない。


もちろん、ご先祖様をお迎えする大切な儀式であるというのは判ってます。
沖縄においてのその意義は十分判っているつもりだけど、しかし大変だ。
長男の家の嫁は本当に大変。


それでも最近は、昔ほど盛大にやる訳でもなく、人もそれほど来なくなったとはいえ、大量のご馳走を準備して儀式に乗っ取ってお供えをすることには変らない。

うちが大変な感じになっているのは、一重にワタシの母の性格にもよる。
最近は来る人も減ったし、簡素化されてスーパーなどでも旧盆用の料理が出来あいで売られているからそれにして簡単に済ませば?と娘たちが意見しても全く聞く耳を持たない。


頑固で、人の意見を聞かない性格は昔からだが、年老いて来て増々ひどくなっているような気がする。
かといってもう自分一人で出来る訳ではないので、ワタシなどに頼らざるを得ないのだけど、かといってこちらの意見を聞く訳ではない。


大変だ大変だといっているのに、全く量を減らしたり合理的にやろうという気はないらしい。
だったら文句いうなよ〜という感じだけど、自分では「自分は死ぬまでこんなことやってるんだろうか」と嘆いている(沖縄弁でね)
だから止めろっていってるのに、それも出来ないらしい。


大量に作ったご馳走は結局余ってしまって、娘たちに持たせたり冷凍しておくのだけど、最初から量を少なくして作れば手間も時間もお金も掛けずに済むのに、と思うのはワタシがまだ直接その立場にないからか。
去年は旧盆には帰らなかったので2年振りになるのだけど、一昨年とそれほどやる手間が減ってなかった。


ウンケーの日(24日)なんと母は夜中の2時(!)頃から起き出して調理を始めて朝にはほとんどの作業が終わっていて、ワタシが6時に起きて来たら今頃起きて来て!と叱られた。
その日の夕方までに仕上げればいいものを、何でそんな早くからやっているのよ!とこちらは飽きれてしまったが、どうやら何でも早く済ませて仕舞わなければ落ち着かないらしい。
老人独特のものなのか、母の性格のせいか。


以前からそういう傾向はあったけど、年とともに増々ひどくなっている。
いっそのこと一週間前くらいから作って冷凍しておけば良いのに、とさえ思ったけど。


スーパーに買い出しに行っても、人でゴッタ返して本当に戦争のようで、気も急いて双方いらいらしてくるから、しょっちゅう母とケンカしていた。
というか、ワタシ一人で一方的に怒っていたのだけど。
もう母とは買い物に行かない!と宣言してしまったくらい。
(といって又来年も同じこと繰り返すんだろうなあ)


沖縄に行って、旧盆の中日の23日までは何とか死んだおじーのサンシンを弾く事が出来たのだけど、さすがにうーくい(送る日)の24日からはクソ忙しくなってそんな余裕は無かった。

そんなことしてると母に怒られそうな感じだったから。

(その後結局、東京に戻る日までサンシンを触れなかったので、5日振りに自分のサンシンで練習したら全く勘が狂ってて、「白雲節」が弾けなくなってて焦った。)


うーくいを済ますと、もう母とは居られない、と思ってその晩のうちにとっとと糸満に逃げて来た。


まだ静かなうんけー(お迎え)の日の夕方の空。
夕方5時過ぎなのに、日差しが強い。


0822naha

|

« 2010年沖縄夏休み写真日記一日目 | トップページ | 2010年沖縄夏休み写真日記四日目 »

コメント

ん~ (^_^;)
hal-3さんとお母さんのやりとりが目に浮かぶようです

きっと当事者じゃないからこそ言えるのでしょうけど、
hal-3さんのお母さん、なんか、いいですネ (*^_^*)

投稿: かなぶん | 2010.09.03 22:20

とにかく沖縄のお盆はハンパナイからね

ウンケーのその日から、お中元をもったお客さんが次から次への訪れ、
そのたびお茶やお茶菓子を出し、夕方の来客にはビールや刺身などでもてなす

今年久しぶりにお盆に実家に帰ったけど、
相変わらず来客者が多かった、
妹と弟の嫁はくそ熱い台所でヒーヒー言いながら
おもてなしの対応をしていた、
それに加えて仏壇に供える料理も作らなければならず、
母と妹、弟の嫁は台所に立ちっぱなしだった
僕のナイチャー嫁を連れていったら絶対ブチ切れるなぁ

これって我が家だけ?hal-3ちもそう??

投稿: たーちゅ~ | 2010.09.04 12:58

かなぶんさん、
たぶん他人から見たら笑える光景かも知れません。
こういうおばーって、たぶん沖縄中に沢山います。
「せんする節」に出て来るような、自己中なおばーです。
全く持って迷惑です。
でも実の母なので見捨てられません。は〜
たぶん、絶対長生きします。

投稿: hal-3 | 2010.09.04 17:05

たーちゅ〜さん、うちも似たり寄ったりですよ。
年々お客様の数は減ってるとはいえ、お盆の間中いつ来るか判らないお客のために準備して待っていなくてはならないし、その相手をするのも神経使うし。
たぶん那覇よりヤンバルの方がそういう付き合いとかも多いだろうし、お盆も盛大にするでしょうから大変だと思う。
内地の嫁さんだとつとまらないでしょうね┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

投稿: hal-3 | 2010.09.04 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/49330855

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年沖縄夏休み写真日記二〜三日目:

« 2010年沖縄夏休み写真日記一日目 | トップページ | 2010年沖縄夏休み写真日記四日目 »