« 沖縄の空 | トップページ | 2010年沖縄夏休み写真日記二〜三日目 »

2010.09.01

2010年沖縄夏休み写真日記一日目

8月21日、旧盆の帰省で沖縄行きの便に乗るためにちょうど甲子園の高校野球の決勝戦が始まる時間に家を出て、山手線やモノレールの中で携帯電話のワンセグでずっとNHKの試合番組を観ながらの移動でした。

思えば、春の甲子園の決勝戦の時にも沖縄にいて、名護からの移動中で車の中でずっとラジオで聴きながらの応援でした。
その時も生で勝利の瞬間を観ることが出来なかった。


今度は余裕で観れるかと思って羽田空港の搭乗口の入り口のテレビの前に着いたら、ほんの少し前に終わったばかりで、あと5分早く入っていたら間に合ったのに!という状態でした。
まあ途中まで勝っていたのでもう優勝は確信していたのですが、その瞬間を観たかったなあ。


羽田空港搭乗口の前のテレビ。

Kounan1008211


まだ回りは興奮さめやらぬ感じで、飛行機の搭乗が始まってもインタビューや閉会式の様子を観る為に乗客は皆テレビの前から動きませんでした。
たぶんそういう人は皆沖縄の人だったと思う。


Kounan1008212


もちろんワタシもその一人ですが。
沖縄行きの便はいつも搭乗が始まると長蛇の列で、皆我先に乗り込もうとするのだけど、そういう情景も珍しいなと思いました。
たぶん航空会社の人はやきもきしたんじゃないかと思う。
う〜ん一緒に優勝の感動を分かち合いたかったなあ。


まあしょうがないと思って飛行機に乗り込み、約2時間半後に那覇の街に降り立ったたら、すでにあちこち興南高校優勝おめでとうの号外と、張り紙で一杯でした。

Kounan0822_2


Kounan08213

それはもう、歴史的なことだから大騒ぎするのもしょうがないと思う。
その後1週間くらいはずっとその話題で沖縄のテレビは持ちきりでした。
毎日どこかのチャンネルで興南高校の野球部の番組をやって、生で何度も選手や監督さんが出演してました。
とにかくおめでとう!良かった良くやった。


沖縄人の高校野球好きは、たぶん本土の人にはあまり理解されないと思う。
それほど皆好きで、熱心に応援します。
沖縄が一体になります。
沖縄県外でも、同じ感じです。
高校野球が終わったら、夏も終わりだなあ、としみじみ思うくらいだから。


21日の夕ご飯は、恒例の新川にある沖縄そば屋さん『ちら〜小(ぐゎ〜)』で。

始めて「クワンソウそば」というのを食べた。


Kuwansousoba


沖縄に昔からあるクワンソウという野菜が、最近復活させようとブームになっていると聞き、食べたことが無かったので注文してみたのだけど、ふつーのそばにしておけば良かった(^ー^;


沖縄でいういわゆるシンジムン(煎じ汁)のようなもので、レバーが入った滋養強壮に効く炒め物がそばの上にトッピングされている。
別々に食べた方が遥かに良い。
今度はそうします。
結局、クワンソウそのものの味はレバーに抑えられてさっぱり判らなかった。


そうしてその夜は翌日からの旧盆の狂想曲を迎える、嵐の前の静けさの中、実家で眠りについたのでした。

|

« 沖縄の空 | トップページ | 2010年沖縄夏休み写真日記二〜三日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/49315043

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年沖縄夏休み写真日記一日目:

« 沖縄の空 | トップページ | 2010年沖縄夏休み写真日記二〜三日目 »