« 寂しい春。 | トップページ | 2010春の沖縄その4:西崎近辺 »

2010.04.12

2010春の沖縄その3:座間味島

ホエールウオッチングが終了し、座間味島に上陸した。
帰りの船まで2時間以上あるので、お昼を食べて島の散策をすることにした。
子供の頃、隣の渡嘉敷島には行ったことがあるが、座間味はワタシも始めてだ。


夏ならば海に行くのだけど、まだ潮遊びにも早い。
しかし、今回座間味島に来たかったのは、ホエールウオッチングと他にもう一つ行ってみたいところがあったから。


高月山にある「平和の塔」

0328zamami5

第2次世界大戦の時、米軍が島に上陸して攻め落とされようとしたとき、日本軍に自決を迫られて自らの命を断った人たちの魂を弔う記念碑だ。


0328zamami4


そこから座間味港が見える。

0328zamami1

こんなにのどかで綺麗な島で、そんな凄惨な事が行われたことが信じられない。
こんなに綺麗な景色を前にして、戦争や人殺しが起きるなんて信じれない。

高月山へは、港のある集落から1キロほど登って行く。
「平和の塔」はその途中にあるのだけど、そのすぐ近くに実際に島民たちが自決した場所というところにも小さな碑がある。
そこを撮ろうとしたが、さすがに子供たちに止められた。
何か写りそうだからと。


「平和の塔」を過ぎ、高月山へと登る道はすごく勾配のきつい坂道で、ひーひーいいながら三人で登っていったのだが、戦争中に苦しんで死んで行った人たちの苦労に比べれば本当に大したことのない辛さだ。


そして頑張って登ったその先には、阿護湾が見える。


0328zamami2

阿護の浦ともいうらしい。

0328zamami3

絶景かな。疲れも吹っ飛ぶ。
苦労して登った甲斐があったと子供たちとよろこんだ。


これが沖縄の海だ。
夏ならもっときれいなはずだから、また今度夏に来ようねと誓って島を後にした。


0328zamami8

船の発着する夕方の泊港。

0328tomari

泊大橋が出来てもう何年になるだろう。
ワタシが上京する時には無かったのにな。
ホエールウオッチングも始めてだし、今回始めて高速船にも乗ったし、この泊港にある駐車場付きの総合施設ビルの「とまりん」にも始めて入った。
この年でもまだまだ未経験の事が多いから、まだまだ死ねない(笑い)

|

« 寂しい春。 | トップページ | 2010春の沖縄その4:西崎近辺 »

コメント

まだまだ死なないで下さい (^_^;)


それにしても凄惨な歴史です
こういうのを現代の我々は忘れちゃダメですね
そして次の、またそのずっと先の世代も・・・

この穏やかな海がいつまでも平和でありますように

投稿: かなぶん | 2010.04.12 21:50

海や景色がきれいなだけに、何でそんな悲惨な歴史がおこったのか全くしんじられないですよー
戦争はホントに人の心を狂わすんだなと実感します。

投稿: hal-3 | 2010.04.13 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/48066990

この記事へのトラックバック一覧です: 2010春の沖縄その3:座間味島:

« 寂しい春。 | トップページ | 2010春の沖縄その4:西崎近辺 »