« 秋の沖縄旅行:破? | トップページ | 今日のナーベーラー料理?風呂吹きナーベーラー »

2009.10.14

秋の沖縄旅行:本部

9日金曜日。
朝8時に糸満の妹の家を出て、浦添市の義弟の勤め先に寄ってその後牧港のA&Wで朝食を取り、一旦買い物をするために那覇に戻り、その後沖縄自動車道に乗り名護についたのが何だかんだいってお昼過ぎだった。


以前から行ってみたかった名護の宮里そばで昼食を取る。
すごい人気で、一杯だった。
地元のナンバープレートの車が多かったのが少し安心する。
出汁の味は少し薄味で鰹の出汁が勝っていた。
美味しかったけど、三男は3年前に行った今帰仁の我部蘇我そばの方が美味しいという。
我部蘇我そばの方がもっと豚臭い。
まあ好みでしょう。


その後本部へ。


瀬底島へ行ってみたけど、生憎天気が悪く風も冷たかったので海には入れそうも無い。


0910092


対岸から見た瀬底島。
天気が良かったら綺麗なはずなのに。

しかしルカはどうしても海に入りたいというので、どうしようか考えて、まだ行ったことはないけど備瀬に行ってみることにした。


備瀬は、美ら海水族館のすぐとなりの集落だけど、フクギ並木で有名なところだ。
ワタシも行ったことが無かったので、この際だから見学してみようと思ったのだ。
フクギというのは、よく沖縄の北部の海岸沿いの部落で防風林として使われている樹です。
ワタシがそれほど見たいと思わなかったのは、母の実家のある部落でもフクギが沢山植わっているので見慣れていて、別に今更、という気持ちがあったから。


しかし、備瀬に行ってみて見ると、確かに綺麗に整備されて立派なフクギ並木になっているので、これは観光客も来るよなあ、と納得した。

0910095

備瀬の部落の中のヤギ小屋のヤギ。
小屋の中ではなく、別の場所に一頭だけ置かれていた。

0910093

可愛いけど、この子もきっと食べられてしまうんだろうなあ、、、、

海岸に出て海を覗くと綺麗だった。
天気の悪い秋でさえこれだけ綺麗なんだから、天気の良い日はすごいだろうなと思う。

0910094


足だけ水に浸かって遊んでいたら、目の前を50センチ以上あるかと思うような大きな魚が横切っていった。
沖縄では、泳いでいる横を小魚が通ることは良くあるけど、こんなに大きな魚は見た事もなかった。
びっくりして大騒ぎしていたらどこかへ行ってしまったけど、ルカは大喜びで、イソギンチャクや貝を見ながら磯遊びをして、来年は夏にここに来たい、といっていた。


目の前には美ら海水族館が見えるけど、ここの子たちは生の海が相手で、わざわざ水族館なんか行く必要ないよなあ、と思った。


来年の夏は、きっとここに泳ぎに来ようねと誓って備瀬を後にする。
最初は海で泳げないので時間つぶしに美ら海水族館へ行こうかと思っていたけど、ここの海を見た後ではそんな気は全く起きない。


その夜は、新里学のお店「本部家」へ。


0910096


久しぶりに、本部に移住したサンシン教室の同期のちーちゃんと呑んでおしゃべりして楽しかったが、また寝るのが夜中になってしまった。

|

« 秋の沖縄旅行:破? | トップページ | 今日のナーベーラー料理?風呂吹きナーベーラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/46483696

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の沖縄旅行:本部:

« 秋の沖縄旅行:破? | トップページ | 今日のナーベーラー料理?風呂吹きナーベーラー »