« 初収穫〜 | トップページ | お店の宣伝です♪ »

2009.08.11

エスニックな一日

9日は、昼間は久しぶりにインドネシア料理教室に行き、夜は六本木でキューバ料理のパーティーに出かけた。たまたまかち合ったけど、外国のお料理を一日にそんなに食べる機会もないだろう、と思うような日でした。


知り合いのインドネシア料理の先生のスルヤさんの主催する料理教室は、品川でもう15年以上続いているところ。


SULERA KLUB(スレラクラブ)


品川区民センターの調理室を借りて毎月行われています。
昨日のメニュー
Indonesia1

「イカのクマンギ風味煮」
クマンギというのは、バジルに似たハーブですが、ミントのようですごくさっぱりしたハーブです。私も大好きなんだけど、中々家で栽培できません。

「ニガウリとエビのルンダン」
ルンダンというのはココナッツクリームの煮込みらしい(うろ覚え)

「野菜のタマリンドスープ」
タマリンドというのは酸っぱい調味料です。

それに生野菜のサンバル添えがつきました。
サンバルというのは、唐辛子で作ったディップというか、ソースです。
それを生野菜につけて食べると辛いんだけど、すごく美味しいのだ。


インドネシア料理は、とにかく下ごしらえの手間がかかります。
唐辛子を中心とした調味料を細かくきざんで、すり鉢ですり潰す作業が大変なんだけど、それをやるとすごく美味しくなるのではぶけないところ。


調理が済んだら調理台をテーブルにして皆で食べます。


Indonesia2


インドネシア料理はとにかく唐辛子をふんだんに使うので、調理している最中から辛い匂いで部屋中が充満します。
刻んでいると指先も痛くなるし、辛さが目に来るし、炒めると更に咳は出るわでひーひーいいながら調理してます。


食べる時には「辛い辛い」といいながらまた食べて、食べると汗がものすごく出て、汗だくになりながらまたひーひーいってでも美味しい美味しいと食べる、ちょっと可笑しい状況かも知れない(笑)
でもこれがいいんだよねえ、と皆で食べてます。
体中の汗が出て、食べ終わると何となく涼しくなったような気がしてさっぱりします。
だから暑い国の人は辛いものを食べるんだろうな、と納得。

夜は六本木の「D's」というバーへ。
その店の従業員のキューバ人のエルメスくんに招待されて、うちのダンナと会社の同僚のご夫婦とその友人との5人で行って来ました。


実はその「D's」のママさんやマスターはうちの師匠のライブには良く来てくれてて、先月の25日のライブにはエルメスくんも来てたのでその時に話がはずんだらしい。
(私自身はその時には全然話をしなかった)
キューバ料理なんて珍しいし、面白そうなので出かけてみた。


普段は静かなギャラリーバーのお店なのに、その日はすごい人であふれ帰って、しかも日本人の方が少ないんじゃないかと思う程キューバの人がいっぱいきてて、さすが六本木、と思ってしまった。
エルメスくんの作ってくれる料理も美味しくて、もっと刺激的なものが出るかと思ったけどそんなことはなく、サラダが3種類出たのが私は嬉しくて、豆ご飯やシチューなど、日本人でも抵抗無く食べられるメニューがほとんどで、たらふく食べて飲んで、でも費用はすごく安かったのでちょー満足で帰って来たのでした。


Quba0


手前のポテトサラダは、普通のジャガイモじゃないようだったけど、種類を聞くのを忘れてしまった。

Quba2


ラムベースのキューバのお酒を呑んでみたが、また名前を忘れた(^-^;
強かったけど美味しかったです。

その帰りにダンナさんが「ラーメン食べたい」とか言い出したので、だったら沖縄ソバを食べよう、ということで「花唄」に寄って最後は沖縄料理で閉めてきたのでした。
美味しいものを食べることってすごく幸福感を感じる。
もう色気より食い気よねえ。

|

« 初収穫〜 | トップページ | お店の宣伝です♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/45885318

この記事へのトラックバック一覧です: エスニックな一日:

« 初収穫〜 | トップページ | お店の宣伝です♪ »