« こぼれ種ボロボロ | トップページ | 雨のち嵐のち晴れ:箱根旅行その2 »

2009.05.19

雨のち嵐のち晴れ:箱根旅行その1

箱根に渋谷区の施設の旅館がある。
以前から行きたいと思っていたのだけど中々タイミングが合わなかった。
しかし、今回申し込んで抽選に当たって、ついに行って参りました。
渋谷二の平荘。


しかもとても珍しいメンバーだ。
うちら夫婦と四男と長男。こんな組み合わせでどこか出かける事は滅多に無い。
最初長男は仕事の都合で行けないはずだったのだが、急遽休みが取れたので一緒に行く事になったのだ。


16日の朝9時のロマンスカーで出発。
長男曰く「早いね〜!」
一泊二日で旅するのならこれくらいの時間で出なくちゃ。
といざ箱根へ出発〜!

出発日の16日は、あいにくの小雨模様だったけどまあ何とか昼食予定のお店までは傘をささずに済んだ。
箱根は本当に久しぶりで、思い出してみたら20年以上来ていない。
もちろんルカは始めてで、子供のうちに是非大湧谷の地獄を見せたいと思い、色々と計画してきたのだ。

強羅駅。

Goura090516

取りあえず、少し用を足して遅れて来る長男を待つ間、時間つぶしに強羅公園へ。


Gourakouen090516


ここは始めて来たけど、公園の入り口まで歩いたらすごい上り坂でそれだけで足が痛くなって来た。
次の日、良く考えたらケーブルカーで登れたんだった。


その後長男と合流して、16日の昼食は以前テレビで紹介されていた鹿肉のしゃぶしゃぶを出してくれるお店へ、強羅からバスで移動する。
鹿しゃぶなんて、東京でも出してるお店はないだろう。
てか、地方の方でしか食べられないかも。


昔、箱根では鹿が良く出没していたのでポピュラーな食べ物だったらしい。
でも今はそれほど見られないそうな。

その代わり、野生のイノシシは良く出るようで、気をつけるようにといわれた。


本題、鹿肉料理を出してくれる「たきの家」さん。

Takinoya_2

本当に回りには何もない、まさにこのお店のためにバス停を作ったんじゃないかと思う「笛塚」バス停の真ん前にあります。

念願の「鹿しゃぶ」

Sikaniku090516

全然臭みや癖などなく、馬肉と牛肉を足して2で割ったような味で、すごく美味しかった!
コースに付いている鹿刺しも新鮮で美味しい。
他に山芋の磯辺巻きが付いて、最後おじやでしめてくれる。
少し値は張るが、量は多くとにかく美味しいので十分満足だった。

是非又来たいし、他の子供たちも連れて来たいと思った。


あととーちゃんが注文した山掛け山菜そば。


Tororosoba090516


かつおの出汁が良く出ていてつけ汁が美味しかった。


それと箱根名物らしい「馬子丼」

Magodon090516


マグロを漬けにしたいわゆる鉄火丼だけど、その漬けの汁も美味しい。
昔小田原から箱根に来るのに腐らないようにマグロを漬けにして弁当にしたいた名残らしい。


こじんまりしていて家族で経営しているアットホームなお店です。
ホントお勧めです。
四人いたので四人分料理を頼みましたが、鹿しゃぶは2人前なのにたれを4人分用意してくれて、とても良心的でした。
ものすごくお腹いっぱいになったので、鹿しゃぶだけ4人で分けても良かったかなあ、と思ったくらい。

その後旅館のある「彫刻の森」に戻り、荷物を置いて彫刻の森へ。
20数年ぶりに訪れて思ったのは、以前より展示物が増えてごちゃごちゃした印象?
前はもっと広〜い感じがしたんだけどなあ。


でも子供の遊べるところが増えてて、ルカは大喜びで遊んでました。


ネットの森。

Tyokoku0905162

名前忘れた。


Tyoukoku0905161

これは小学生以下の子供しか遊べないので、長男が非常にうらやましがっていた。


その後、中を登ることが出来る塔があったけど、夫婦はパスして子供たちだけで上って行った。

Tyoukoku0905163_2


この塔の前には足湯が出来ていて、入ったらすごく気持ちよかった。


その後「人間」をモチーフにした展示物を見て、ピカソ館を見ている途中で閉館時間になってしまい、慌ただしく帰ったがまだ遊び足りない子供たちはまた来たい、といっていた。

またいつか来よう。


その日の旅館の夕食。


Ninotaira0905161


鯛の作りはオプションだけど、それを覗いても十分量も多く美味しく、またまたお腹いっぱいになって苦しい苦しいといいながらでも満足して部屋に戻った。

温泉も気持ちよかったし、雨は細かく降り続いていたけど散策する時や露天風呂には一向に差し支えなかったのですごく良い旅の一日だなあ、と皆喜んで寝たのだった。

次に続く。


|

« こぼれ種ボロボロ | トップページ | 雨のち嵐のち晴れ:箱根旅行その2 »

コメント

「渋谷二の平荘」・・・まさに渋いお名前

箱根、いいですねぇ
自分も3~4回くらい行ってますが、芦ノ湖側に泊まることが多く
美術館とか公園とかほとんど行ったことがありません
今度はちゃんと「箱根」っぽいとこに行ってみたくなりました

そして良く考えたら・・・
近所のスーパー銭湯っぽい温泉は別として
しばらく温泉に行ってないことに気がつきました
前回いつどこへ行ったかぜんぜん思い出せない
若年性痴呆症?(もう若くない?)
湯治でもして痴呆症を治さなきゃ・・・

あっ「鹿しゃぶ」も食べたい♪

投稿: かなぶん | 2009.05.19 22:00

かなぶんさん、「鹿しゃぶ」美味しかったです〜
ホントお勧めです、是非今度ご家族で行ってみて下さい!

箱根は私もホント三男が赤ちゃんの時に行ったきりでした。本当は芦ノ湖の方にもいきたかったんですけどねえ。

温泉、マナブのライブで行ったきりですか?

投稿: hal-3 | 2009.05.20 09:54

> 温泉、マナブのライブで行ったきりですか?
そうかもしれません

その後にどこか行ったような気がします

スノボの帰りに温泉に立ち寄ったのを思い出しました

それ以外は、え~と・・・
少なくても泊りがけでで温泉に行ってないみたいです

投稿: かなぶん | 2009.05.20 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/45054585

この記事へのトラックバック一覧です: 雨のち嵐のち晴れ:箱根旅行その1:

« こぼれ種ボロボロ | トップページ | 雨のち嵐のち晴れ:箱根旅行その2 »