« 今日のゴーヤー5/20 | トップページ | 今日のゴーヤー5/25 »

2009.05.22

阿修羅

上野の国立博物館で行われている「阿修羅展」へ行って来ました。


Asyuraten


普段は奈良県の興福寺に納められている阿修羅像が東京へやって来ると評判で、混んでいると聞いたのでどうしようか迷ったのですが、平日の昼間なら何とか空いているかな、と思い、思い切って出かけてみたのですが、甘かった。

上野駅の改札を出た所からもうすでに人で一杯。
手前の西洋美術館で「ルーブル美術館展」もやっているので、そのせいもあるだろうと思い進んでいいくと、西洋美術館を過ぎても科学技術館を過ぎても一向に人並みは切れず、修学旅行の子供たちも増えて来て、国立博物館の入り口の前にはもっと人が多くいた。


Kokurituhakubutukan


中に入ると、何と50分待ちの案内が!
まるでディズニーランド並みやないかい!と心の中で突っ込んだが、ここまで来て引き返す訳にもいかず、しょうがなく列に並ぶ。

Heiseikan

最近、若い女性の間で仏像巡りや仏像造りが流行っていると聞いたが、時間帯のせいもあるのか、やっぱり中高年の方の姿が多い。
まあちらほら若い人の姿もある。
なんでも「阿修羅ファンクラブ」というものがあるくらい、今阿修羅は人気があるんだそう。


私自身、そういうミーハーな気持ちでなく、最近、何となく仏像に関わるきっかけがあって、是非阿修羅像は見ておいた方が良いと勧められたので来てみたのだ。

見て判った。


これは人気が出る。
人を引きつける何かがある。

これまでもメディアで良く見ていた阿修羅の顔。
本物をじっくりと見た。
綺麗だった。
今回目玉なのは、お家元の興福寺に納められている時には見られない後の部分が見られる。
後ろに壁がないのでぐるっと360度見られるのだ。

ただし中もめちゃ混みで、まるでラッシュの時の通勤電車のような人混みの中で見なくてはならないのでゆっくり見ている余裕などないのだが、三重くらいの人垣の間をぬって2週して見た。
阿修羅の後頭部を見た。

辛い表情で唇を噛み締める阿修羅の横顔をしかと見た。

全て改心して帰依しても、それでもどこかに未練を残す、人間臭い表情。
それが魅力なのだろう。
そうだ、人間臭いんだ。
だから見る人をどこか安心させて、好かれるんだろうと思った。

それまでずっとずっと戦い続けて来た阿修羅。
娘を取られた怒りでずっと怒って戦い続けて来た阿修羅。


それ以前の京都の三十三間堂の阿修羅像の様に怒りの形相で闘い続けて来て、それが興福寺の像の顔にまで変化するには相当な苦労があったに違いないと想像出来るほどの変化だ。
一応菩薩様に諭されて懺悔して帰依したけどさあ、でもね〜、とでもいいたそうな横顔の阿修羅。
完全に帰依する前の一瞬の心の隙間を捉えてものすごく見事に表現したあの唇をかむ横顔。


想像していたよりは小さな像だったけど、神々しかった。
とにかくしすごい。


、、、私は、自分は阿修羅タイプの人間だと思う。
いつも何かに対して怒っているというか、好戦的な人間だ。
でも自分ではケンカしたくてそうなる訳ではないのだ。
でもいつの間にかヒトと揉める事が多い。
何故?

私も阿修羅道に行かされているのかなあ。
前世の報いなのかなあ。その修行なのかなあ。

と、今日阿修羅を見て改めて思った。

怒ることって、すごくエネルギーがいって疲れるのよね。
体力がないと子供を怒ったり怒鳴ったりも出来ない。
40過ぎてからはもうそんなエネルギーがないので、下の子はあまり怒ったり怒鳴ったりしないで育てて来たけど、上の子たちの子育てのときは毎日それこそ戦争のように怒りっぱなし、怒鳴りっぱなしだった。


正直嫌だった。
でも怒られずにはいられなかった。


その後子育てでは怒らなくなったが、今でもたまに、なんでそんな事で?と自分でも不思議なくらいに怒りの感情が湧いて来ることがある。
それは他人に対してだったり、自分自身のふがいなさにだったり。

そんな自分が嫌で嫌でしょうがないので、闘う阿修羅ではなく菩薩になりたくて、何とかそのきっかけをつかみたくて、それこそ神にすがるような心境でこのところ色々あがいてみたりしてるんだけど、難しい。
人生辛いよね、阿修羅。


ただそれは良い方にも働いていて、サンシンの練習にも半ば怒りでやっているようなところがあって、コンチクショー、負けるもんか!と思いながらがむしゃらにやってきて上達したようなところがある。
でも、それももうそろそろ疲れて来た。
そういうものを突き抜けて、阿修羅のように吹っ切れて帰依して戦いの鬼神から守護神へと変われるように、ぜめて菩薩といかなくても、何とか救いの方向へそろそろ行きたいと思っているのだけど。

でも今日、帰依した時の阿修羅像に出会えて、何となく安心した。
見て良かった。


阿修羅の帰依したきっかけがまだ探せてないけど、私も自分なりに頑張ろうと思った。
仏教には全然興味は無いんだけど、何となくお釈迦様にお礼をいいたい心境です。
そして全てのモノに感謝出来るようなったら、きっと楽になるんだろうと思う。
わかっちゃいるんだけどさあ、阿修羅。

|

« 今日のゴーヤー5/20 | トップページ | 今日のゴーヤー5/25 »

コメント

阿修羅展、すごい人気ですね

自分も行ってみたいなぁと思ったけど
異常なん人気ぶりに尻込み状態・・・

> 私は、自分は阿修羅タイプの人間だと思う。
自分は・・・そんな活力はなく、何事も
微笑んで遣り過ごしてしまうタイプかも・・・

いずれにせよ絵画とか彫像は静かに佇みながら
観る者に自問自答を促すような気がします

なにか明日へのヒントが得られればいいのですが・・・

たまには美術展とかに足を運ぼうかなぁ・・・

投稿: かなぶん | 2009.05.23 01:30

かなぶんさん、
阿修羅は奈良に行って静かに見た方が良いです。
あんな人込みで急かされてみるもんじゃないです。

私もかなぶんさんのような、穏やかな人間になりたいんですけどねえ、、、、
気がつくと怒ってる(笑)


先週の箱根から何だか芸術づいてますが、元々そっちの方が音楽より専門なんで、興味はあってすごく楽しいです。
音楽は、、、、まだ苦痛です(;ω;)

投稿: hal-3 | 2009.05.23 11:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/45096394

この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅:

« 今日のゴーヤー5/20 | トップページ | 今日のゴーヤー5/25 »