« 生きるということ | トップページ | 豚足オンナ »

2009.01.03

おみくじと初夢

Neko0901031


正月からのんべんだらりと寝ている猫。
こいつらには正月も不況も何も関係ないらしい。
心配なのは食べ物の事だけだろう。

それも毎日何不自由無く手に入る。
後は寝るだけだ。
、、、、ちょ〜羨ましい。


新年早々暗い日記から始めてしまったけど、昨日はちょっと嬉しいことがあった。

毎年引いている初詣のおみくじ。
年によって近所の氷川神社だったり、金王神社だったり明治神宮だったりするんだけど、ここ数年、気がつくとおみくじ運が良い。
大体吉とか大吉だ。

良い時のおみくじは取って置いてあったので、全部改めて開いて見てみると、大吉、中吉、吉、末吉、大吉、大吉、と続いていた。

その間、凶の付くみくじに覚えが無いので、つまりこの4年程ずっと吉が続いていたことになる。

去年の夏、沖縄に行った時に波之上宮で引いたおみくじも大吉だったので、連続して大吉に当たったことになる。


うそ〜ん、と思いながらも、単なる八卦だと思いながらも何となく嬉しい。
我ながら単純だと思うよ。
今年の氷川神社のお言葉。

 過ぎたくり言、取り越し苦労、神の授けの身をやぶる

「取り越しのつかぬ過去の事を、くり返して思い悩んだり、どうにもならぬ将来の事を案じ煩うのはただ心をいためて身を害うだけで、何のやくにも立たぬ愚かな事である。今日はただ今日の事を、面白く楽しく、神様を念じつつ正しい心でやって行く。禍も転じて幸いと成る」


だそうです。
さすが神様(笑)
まるで昨日までの私の精神状態を知っているかのようなお言葉です。
そうなのよねー、やっちまったことはしょうがない、いつまでも悔やんでないで今度正しい姿勢で接すれば良いだけなのだ。


と、踏ん切れたところで昨夜の初夢。
気になっていた、年末に後味悪い別れ方(あくまで私にとってのですが)をした方が夢に出て来ました。
特に何か会話した記憶はないけど、あ、やっぱり気になってたんだなあ、と自分で納得して再び眠りについたけど、それからはハチャメチャな夢ばかり見て、何だか熟睡出来ず、目が覚めても不思議な感覚だけが残ってなんだか睡眠不足気味だ。


まず、妊娠する夢を見た。
お腹の中に赤ちゃんがいて胎動を感じる、すごいリアルな感覚で、「あ、私赤ちゃんがいたんだわ」と夢の中で変に納得していた。
いや、絶対それはないんですが。
ルカとの年の差を計算したり、すごくリアルな感じだったけど、ホント、それはないです。


その後、沖縄だと思うけど、どこか知らない街を歩いていたり、バスに乗って一人で出かけたり。
どこへ出かけるのかは判らなかったけど、結局目的地には着かずに目が覚めた。

大体私の見る夢はいつも変で、でもストーリー制があって、変にリアルだったりする。
今まで正夢というのは見た事は無いけど、夢そのものが何だか真実っぽいというか、映画のようでリアルな感じなのだ。


あげく、今日は明け方に昔のふる〜い歌で、「出船」という歌のメロディが頭に浮かんで目が覚めた。
途中までしか思い浮かべなかったんだけど、タイトルと最後まで歌詞が思い出せないのが気になってその後ずっと眠れなかった。


変な夢とその歌のおかげで、普段にも増して不思議な感覚で目が覚めて、一体今年の初夢は何だったんだ???と思った。
起きて、ネットで調べてその歌が「出船」だというタイトルだと知り(それまでタイトルは知らなかった)、歌詞も全部判ったので少し安心したけど、それでも変な初夢のせいで、一日頭がぼ〜っとしている。


ホントに今年はどうなる事やら。
おっと先の事を案じてもしょうがない。ケ・セラ・セラだわ。


「出船」 作詞:勝田香月

今宵出船か お名残り惜しや
暗い波間に 雪が散る
船は見えねど 別れの小唄に
沖じゃ千鳥も 泣くぞいな

今鳴る汽笛は 出船の合図
無事で着いたら 便りをくりゃれ
暗いさみしい 灯影(ほかげ)の下で
涙ながらに 読もうもの


すご〜く暗い曲ですが、奇麗なメロディーです。
上手な人が唄ったらきっとすごく良い唄だろうと思う。
昔テレビかラジオで聞いたんだろうけど、昭和3年に作られた唄だそうです。
誰か、有名な人が唄っていたような気もするけど思い出せません。
調べたら中学唱歌になっているので、もしかしたら音楽の時間に習ったのか?
いや〜それはないだろう、と夫もいうし、私もそんな記憶は無い。


それにしても、それまで全く頭の片隅にも無かった曲なのに、何でいきなり????
わからん。
以前、沖縄民謡歌手のヤツが夢に出て来て「この唄唄ったら?」と夢の中でいわれた曲はあって、その唄は全然好きじゃない曲だったので練習してないだけど、沖縄の唄なら判るけど、何でそんな懐メロ???わからん。


あと、うちの師匠などもそういう経験があるそうで、「夢で誰かが唄え、といった」ということがあったそうだ。確かに夢が何か示唆してくれることはあるが、うーんこの場合はどうなんだろう。
取りあえず時間が出来たら練習してみるか。
まあ、しばらくは2月1日の演奏会に向けてそれどころじゃないと思うけど。
それにしても不思議な経験でした。


猫のようにのんびり生きたい。


Neko0812


|

« 生きるということ | トップページ | 豚足オンナ »

コメント

あの~
せっかく大吉でお喜びのところなんなんですが・・・
友人に神社の息子がおりまして、今は継いでおりますが、
お正月の松の内は凶が付くおみくじは入れてないそうです。
でも、吉・小吉・中吉・大吉ですから大吉は良いです。
それに夏にひいた大吉は本物ですね。
正月早々失礼しました^^

投稿: tokotoko♪ | 2009.01.09 10:42

お言葉ですが、神社によっては初詣でも凶のおみくじ入れるところもあるそうです。
確か、以前(どこだったか忘れたけど)一緒に行った家族が凶のおみくじ引いていた記憶があります。

いずれにしろ、迷信のようなものだとは自分でも判ってますので別にどうでもいいんですけどね(○゚ε゚○)

投稿: hal-3 | 2009.01.09 11:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/43623907

この記事へのトラックバック一覧です: おみくじと初夢:

« 生きるということ | トップページ | 豚足オンナ »