« バサナイ | トップページ | 今日のゴーヤー7/15 »

2008.07.09

10年一昔というけれど

Luca080703


7月3日は末っ子ルカの10歳のバースデーでした。
本当に10年ひと昔というけど、もう10年経ったのかあ、と感慨深い。
あっという間の10年だったけど、時間は確実に流れているんだなあとこの子の成長振りを見てそう思う。


まだまだ全然子供で、幼稚な感じがするけど、クラスの中では背が高い方だし変にこまっしゃくれて大人びたヤな子だ(苦笑)
家族からしてみればまだまだ幼いと思っているけど、たまに学校生活を覗くと悪い方の大人っぽさが目立つ。これは大人だけの大家族の中で囲まれて育ったせいだ。そのうち周りの子の成長も追いついて、とんとんになるのかも知れないが、それまで友達に変な影響を与えないかが心配。

子供だと思っていても、周りのことは的確に見ていて、時々的を得たことをいったりするので、どきっとさせられたり。
いつの間にかそんなことを考えるようになったのかとか、そんな風に見ていたのかとか、そういう表現ができるようになったのかとか、驚くことも多い。

まあそうはいってもたかだか小学4年生。
まだまだ玄関で靴を履いて登校するのに5分くらいかかる、しょうもない小学生だ。
今はただ友達と遊ぶことが一番楽しい、一番良い時期だ。
健やかに素直に成長していってくれ。

あと10年経ったらハタチだ、、、、大変だ〜
この子にとっての10年は長いんだろうけど、私たち大人にとってはきっとまたあったいう間なんだろうなあ。ぐずぐずしてたらあっという間に年取っちゃうよねえ。

|

« バサナイ | トップページ | 今日のゴーヤー7/15 »

コメント

ルカくん、10歳になりましたか
おめでとうございます
2桁突入ですネ♪

ちなみに、うちの息子は7月2日生まれ
なんと1日違いでした

時間って・・・
おそらく大人も子どもも、人間も人間以外の生物も、
あるいは生命を持たないモノたちも、
平等に同じ“時”を与えられているはずなんだけど
感じ方はずいぶんと変化しますネ

我々(大人)があっという間に感じる瞬間でも
子どもたちにとってはじっくりゆっくりの時間だったりして・・・

またその逆もしかり

子どもには子どもの、
大人には大人の過し方というのがあるけど
いずれにせよ
その時その時をいかに充実した内容で過せるかが
大切なんだろうなって思います

だからこそ
争いごとやもめごとで時間や気持ちをすり減らすのではなく
お互いが気持ちよく過せるよう努力すべきなんじゃないかなって思います

自分も失敗と自問自答の毎日ですが
少しずつでも進歩したいです

子どもたちにもこんな想いが伝わるといいな


ルカくんの5年後、10年後が楽しみですネ

投稿: かなぶん | 2008.07.13 00:00

子供は、失敗しても成長の糧になりますから、どんどん失敗してケンカして大きくなればいいと思うんですよね。でも最近の子供は衝突をさけてあんまりケンカしなくなっちゃったので、つまらない子が多いです。
ルカもどちらかというとそういうタイプです。
いつかどこかで爆発させるかな?と思ってますが。
まあ10年、15年後の結果が出ているお兄ちゃんたちが目の前に転がってますんで(笑)あまり期待はしてませんが、自分のやりたいことを一生懸命やる子になってくれればいいかなと。

投稿: hal-3 | 2008.07.14 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/41783575

この記事へのトラックバック一覧です: 10年一昔というけれど:

« バサナイ | トップページ | 今日のゴーヤー7/15 »