« ぞくぞくと | トップページ | 今日のゴーヤー料理:ゴーヤージャム »

2007.09.03

久し振りのニンジンシリシリー(擦り擦り)

ずっと欲しかったパパイヤイリチー(炒め)用の粗目のおろし金をこないだ帰省した時に購入してきて、「ニンジンシリシリー」を作った。


Ninjin2


左下、実家の母親が私達が帰京してきてから送って来た、中身の吸い物のレトルトパックのやつ。
左上は、最初ソーキ汁にしようかと思ったけど中身とかぶるので急きょ甘辛く味付けしたスペアリブ。

もちろん青いパパイヤの実を調理する時に使うのだけど、このニンジンシリシリーにも使う。
両方とも包丁で同じように切ろうとしても出来ない。これでなくちゃ。
もう少し太めで長く切れるものもあると思うんだけど、まあいいや。

シリシリーとは擦りおろすこと、もしくは擦りおろしの意味ですが、この場合はニンジンの細切り炒めです。
ちなみに、リンゴの擦りおろしたものはリンゴシリシリー。
本来はそっちの意味が正しいのだけど、ツマ用の降ろし金も擦りおろし用の降ろし金も一緒についているので一緒にされたのかも。
まあ沖縄はてーげーだから(笑)
感覚としては細切りというより擦り降ろす方法に近いし。

材料は、ニンジンと玉子だけのシンプルなもの。
ニンジン2本をシリシリー用のおろし金で細切りにし、


Ninjin1

油で炒めます。
弱火で焦がさないように炒めて、鰹だしと軽く塩で味付けし、溶いて塩味を付けた卵3個を回し入れ、卵に火が通ったら出来上がり。
作り方もシンプルなんだけど、栄養的には優れてるよね。

これも小さい頃はしょっちゅう食卓に出ていて食べ飽きたものだけど、ものすごく久し振りに食べるのでもしかたら結婚してから自分では作ったことがなかったかも知れないと思い子供たちに聞いてみたら、案の定長男も見た覚えが無いという。
三男には、「これ何?」と料理名を聞かれたので「ニンジンシリシリー」と答えると3回聞き直された(^-^;

それというのもそのおろし金が無かったせいなので、これからは手軽にニンジンもパパイヤも炒めてやろう!


ゴーヤーは、先週大漁に収穫した後に涼しくなったせいで、それまでに成長していた実は一気に黄色くなってしまったが、まだ小さかった実が成長が止まってしまいほどよい大きさの実がなくなってしまった。
それなので、昨日は収穫なし。
今日は朝2個採ってご近所さんに差し上げたので明日職場に持って行こうと思っていた分が無くなってしまった。
先週収穫してストックしたあった分は、毎日チャンプルー、海老と塩炒め、牛肉と中華味噌炒めなど料理してきて、あと4本分ほどは薄くスライスしてゴーヤー茶用に干す事に。

Goya070903

去年は見事に猫にひっくり返されて、庭に全部ばらまかれ使えなくなってしまったので、今年は気を付けて見ていようと思う。
あと、2本分くらい緑色の実と5本分の黄色い実が残っているけど、さてどうしようかな。


、、、1週間経って沖縄の疲れがやっと取れて来た。
それでも今日もまだ眠い。昼寝したいところだけど、これからルカの小学校の災害時非難訓練というのがあるので行かなくてはならない。
明日は仕事だし、まだゆっくりサンシンの練習もできない。
てか、こっち戻って来て2度ライブに行ったから余計に疲れたのか知れない(笑)

|

« ぞくぞくと | トップページ | 今日のゴーヤー料理:ゴーヤージャム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/16329159

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りのニンジンシリシリー(擦り擦り):

« ぞくぞくと | トップページ | 今日のゴーヤー料理:ゴーヤージャム »