« 今日のゴーヤー9/13 | トップページ | 夏 再び »

2007.09.17

久し振りのサンシン演奏会

以前参加していたサンシン教室が解散してから、各自で練習したり師匠に時々個人的に練習をみてもらったりしてたけど、やっぱりサンシンを続けたい熱心な人間たちは発表の場が欲しいと思うもので。
また、そういう場がないと練習の目標もなくなってしまうので、練習にも実が入らないのは人情だと思う。

ということで、サンシン教室の同窓生の男性陣が企画した演奏会なるもの(発表会ではなくあくまで演奏会ね)が16日行われました。
当初、男性陣だけでやる予定だったらしいけど、私も無理に頼みこんで参加させてもらうことに。
あくまでも、企画運営はオトコ衆で私たち3名ほど参加させてもらった女性陣は「ゲスト」である。

何でも良いからとにかく唄う場が欲しかったので、頑張って練習して臨んだのだ。

その日、来て下さるお客さんや同窓生の仲間たちに配ろうと思い、ゴーヤーを収穫する。

Goya070916

中長5本にアバシ4本。
やっぱり葉っぱの茂みに沢山隠れていたので、この際思いきって相当の量の葉っぱを刈り取った。
そのうち、綺麗で大きな葉を数枚持って行き、演奏会の場所を提供してくれた恵比須の居酒屋の店主にあげることに。
サンニンの葉も十数枚持参し、皆さんに差し入れ。

ゴーヤー、また残暑が復活したせいでまだまだ花も実も盛んに咲こうとしている。
今日もいくつか収穫できるかな。


さて肝心の演奏会ですが、またいつものように緊張してあがらないように心がけながらリハーサルをしていたら、壁に貼ってある絵が目に止まった。


Hija

その店の店主の描いたヒージャー(山羊)。
歌詞のカンペとともに、お客さんからは見えない高い位置に貼ってあって、演奏者からは目に入るようになっている。
どうやら落書きではなく真面目に描いたようだけど、どう見ても幼稚園児並みの絵だ(笑)
しかし味があるし、可愛いし、おかしいし、爆笑してしまい、気が抜けてしまった。
そのお陰か、力が抜けて本番も緊張せずに歌うことが出来た。

そして皆さんから「良かった」と声をかけられました!
(プロの方からも)
良かった〜
始めて人前で歌って緊張せずにいつもの練習通りに歌うことが出来ました。

これもヒデさんの描いたひーじゃーのお陰。
お礼をいって記念に絵をもらってきてしまった。
内輪ではこの絵でTシャツを作ろう、という話しも出ています。
これからも、人前で歌う時にはこの絵を持参しようかと思う(笑)

演奏会が終了した後、学さんも来て唄をサービスしてくれたし、楽しくて可笑しくてすごく満足な夜でした。
他のゲストで参加した女の子と、今度は女チームでやりたいね〜と話し、意気投合して帰っていったのでした。
サンシン万歳。

|

« 今日のゴーヤー9/13 | トップページ | 夏 再び »

コメント

こんばんは(^^)
初書き込みします。

昨日は楽しかったですね。
発表会は最後の方しか見れなかったけど、それでもその後、ハルさん達とゆんたくできて楽しかったですよ♪

ちなみに、自分も学&古我地さんの影響で、去年から三線始めました。

今回ハルさんが三線弾いてる時間に間に合わなかったのが残念。
女性チームの発表会、ぜひ実現させてください。
そのときは、また是非遊びに行きます(^^)

投稿: たん吉 | 2007.09.17 21:10

たん吉さんようこそ~
16日はありがとうございました。
また機会があったら私の歌も聴いてやって下さい。
サンシン、やってるんですね。今度一緒に練習しましょう。一度わったー師匠に見てもらったら?
厳しいよ~(笑)

投稿: hal-3 | 2007.09.18 11:06

ごーやーありがとうございました。
1本は念願の生ジュースに、もう一本はゴーヤーチャンプルーでごちそうさまでした。

ゴーヤージュースは風邪をひいたときの思い出の味だとかで、我が家のすいだや~も大変喜んでおりました。

投稿: 太鼓トシコ | 2007.09.18 19:56

としこさ〜ん
良かったゴーヤー喜んでらえて。

>すいだや〜
一瞬なんだっけ?と思いましたが、爆笑しました。
らしいですね(笑
今度代々木公園で見かけたら絶対声かけますとお伝え下さい。

てか一緒に練習させてもらお。

投稿: hal-3 | 2007.09.18 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/16474102

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りのサンシン演奏会:

« 今日のゴーヤー9/13 | トップページ | 夏 再び »