« 今日のゴーヤー7/19 | トップページ | いきなりアバシ »

2007.07.30

声が出ない‥‥!

びっくり。ある朝起きたら自分の声が出なくなっていた。
いやその前日から段々声がしゃがれてきていたのは自覚していたんだけど、まさかここまでひどくなるとは思ってもみなかったのだ。
これまでにも風邪をひいて咽がつぶれて、声が出しづらくなった時もあった。
んがっ!ここまでひどい症状は始めてだ。
まして、今度の風邪は何故だか知らないけど他の症状はごく軽く、いきなり咽をやられて突然声だけが出なくなる、という感じだった。

やばい。

先先週末からオットや子供たちが風邪をひいいているのに、何だかしらないけど自分は移らないだろう、という訳の判らない自信があった。
意味も無く、最近の自分は健康だから風邪なんかひくはずもない、という思い込みがあったので事前にうがいなどの予防もしなかったし風邪をひいた子供の添い寝もしていた。

そしたら、

オーマイゴッド!!

たぶん、その時に体の一番弱っている部分に菌が取りついたのかも知れない。

今朝近所の総合病院の耳鼻咽喉科で診てもらったら、お医者さんにすぐ声を使う仕事をしていますか?と聞かれた。
私「はい」
医者「できれば3日ほどは声を出さないで欲しいんですが。」
私「いえ、明日仕事があるんです。」
頭は抱える医者。
「う〜ん、自分だったらこういう症状の時は3日はしゃべりません。」
その間の会話は、一応声は出したけどほとんど掠れ声と頭を振ったりうなずいたりという仕種。
医者も無理して声出さなくていいよ、とはいってくれたが。

診断結果は喉頭炎。
咽の内視鏡を診た感じでは、医者が最初思っていたより症状は軽いようだけど、仕事がないなら普通に炎症を押さえる薬を出すのだけど、しょうがないのでちょっと強めのステロイド剤を加えた4種類の薬を処方してもらって帰路につく。

参った。
いやね〜体は元気なんすよ。
特に熱も高いわけじゃなく、咳や痰もひどい訳でなく、鼻の中はきれいだっていわれたし、本当に咽だけやられた、という感じなんだけど、直接の原因は風邪のウイルスで、誘因は酒で、引き金は宴会か?(おい)というちゃんとした原因が判っているのでそうなるべくしてなった、という感じはあるんだどね〜
そして素因としては仕事以外に最近唄を歌う練習を一生懸命しているために咽を酷使していたんだろうなあ、という何となく自分でも納得できる結果ではあるんだけど、、、
それにしても参った。

仕事もそうだけど、何が辛いって、唄が歌えないのが辛い。
とにかく休め、という体の警告だと思うのでなるべく横になって、幸い子供も夏休みなのでそれほど早起きすることもないし、慌ただしい生活でも無い。
子供と一緒に昼寝したりしてるけど、やっぱり自然にサンシンに手は延びて時々つまびいている。
この際だから唄はおいといて、新しい曲の練習でもしようと思いあんまり歌いたくならない種類の曲にした。
サンシンの練習も一度キャンセルした。当面見て貰えないなあ。
とほほ。
下のコが風邪ひいた時、ちゃんとうがいとかしとけば良かったと後悔したけど後の祭りだ。

祭りといえば。
今年は新宿のエイサー祭りも見に行けなかった。
ビデオ撮るつもりだったのに、、、
まあその代わりといっては何だけど、急きょその日楽しい真夏の夜の宴会が催されたのだ。

使用前。

0707281

ちなみに今回の宴会のテーマは「海の家(いえ〜)」
ホントはホンモノの海に行きたいんだけど、中々行けないので家の中でそれっぽい雰囲気を出して楽しもう、というコンセプト。
夏っぽい雰囲気を出すために我が家に生えているバナナの葉っぱをテーブルクロスの代わりにして、友人の買って来てくれたパイナップルと、オットのウクレレをさりげなく入れてみる。

テレビで放映している隅田川の花火大会の様子や、フジテレビの27時間テレビの番組等観ながら皆で楽しく過ごし、その間呑んで騒いで喋りまくっていたらどんどん声がしゃがれていった。

使用後?

0707282

その日のメニューは、
焼き鳥、
イカのワタで作ったタレでたべる刺身、
アボガドとマグロのサラダ、
野菜サラダ、
前日作った鶏肉と揚げナスの赤ピーマンソース煮込み、
イカ、ホタテ、ナスの鉄板焼き、
「イナ(猪)ムリチ(もどき)」もどき汁、
デザートはスイカとパイナップル。
ホントは焼きもろこしと焼そばが出るはずだったけど食べられなかったのでお預け。

全部手作りです。
その日は若者がいなかったので、中年夫婦ふた組と小学生一人では持て余してしまって勿体無かったけど、珍しいレバノン製のビールや芋焼酎なども呑めてひじょーに美味しく楽しかったのだ。

宴会開始が夜7時頃で、終わったのが深夜1時半くらいだったから、5〜6時間ずっとおしゃべりしてたことになる。
その場にいた他の人間が時間とともに私の声がしゃがれているのに驚いていたけど、本人はいたって元気で、逆に咽の調子が悪いせいで深酒が出来なかったので飲み過ぎる事無く、酔っぱらう事も無かったので楽しい時間を過ごしていたのだ。
まあ明日になれば直るでしょ、くらいの気持ちでいたら、、、、

翌朝目覚めた時には声が出なくなっていた(^-^;

考えてみたら今日の病院も良くお世話になる割りには耳鼻咽喉科は始めての受診だった。
それまでそんなに咽や鼻が悪くなったことがなかったんだと気が付いた。
やっぱり唄を始めたせいなのかなあ。
でも止められないしなあ。
咽の筋肉を鍛えなくちゃ、と考えていた矢先だったのに、それどころじゃないじゃん。
年齢的なこともあるし、養生しろよ、という警告かも知れない.

体の方からサインを出さないと自分では認識しないなんて、情けない。
まあそれまでもそういうことがままあったから(肺炎になった時も動けなくなるまで気付かなかったし)、体を労りつつ騒ぎましょう、あ、違った、楽しみましょう、ということだね。
反省。
でも楽しかったんだよー

|

« 今日のゴーヤー7/19 | トップページ | いきなりアバシ »

コメント

始めまして、こんばんは。にがうり倶楽部から飛んで?来ました。干ぴょう巻きと申します。実は私も2年程前に声が全く出なくなった事があったので思わずこうして書込みしています。お医者様の言うとおり、薬よりも何よりも話さない事が一番の回復の近道です。私もその当時受付をしていた為声が出なかったのは非常に難儀でした。声が出なくとも何とか受付をしなければと思い、お客様に手書きの紙で作ったフリップをお見せしたりしてね。『ありがとう』の文字を書いた紙は今でも職場のデスクの上に飾ってあります。この時期どうしても色々な場所で空調がかかっていますが、乾燥すると良くないので潤うマスクとか買ってみては如何でしょうか?普通のガーゼのマスクを濡らして使っても良いかも。どうぞお大事になさって下さいね!

投稿: 干ぴょう巻き | 2007.07.30 20:56

かんぴょう巻きさん始めまして!
アドバイスありがとうございました。
やっぱり声を使う商売のヒトにはあるんですね。
私も明日何とか筆談やホワイトボードに書き込んで逃れようと思ってます。
取りあえず後は家ではるべく子供を叱らず、猫を怒らず、夫婦ケンカをせず、と心掛けてます(笑)
ではまた「にがうり倶楽部」でよろしく〜

投稿: hal-3 | 2007.07.30 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/15949552

この記事へのトラックバック一覧です: 声が出ない‥‥!:

« 今日のゴーヤー7/19 | トップページ | いきなりアバシ »