« 久し振りに一人 | トップページ | 本場中華料理V.S沖縄料理(?) »

2007.04.21

新しいモノは古女房だって好きさ

前回ちらっと書いた洗濯機とともに、電子オーブンレンジも新しく買い替えた。

Renji

写真では良くわからないけど、前に使っていたものに比べて格段にでかい。
中身の容量が30リットルとなっているけど、それでもピンとこないけど、大きなスポンジケーキや鶏の丸焼きやアップルパイが作れてしまうくらいの大きさだ。
前に使っていたものは、取りあえず電子レンジが使えればいいかと思って安いものを買ってしまって、後でオーブン機能があまり良くないことに気付いて、そのため以前は良く作っていたパイやケーキなどのオーブン料理を最近しなくなっていたので、ちょっと奮発してそういう料理も又頑張って作るために買ってみたのだ。

今度の電子レンジはスチーム機能もあって、魚の蒸し物なども出来てしまうので、さっそく作ってみた。


Ryouri070420


約35センチくらいの魚が丸まる入る。
さっと熱湯を通して臭みを取った魚を、大皿に入れて身の前後に切り込みを入れ、お腹の中には生姜のスライスしたものを詰めて上にはネギのスライスを置いて塩と酒を振って蒸す。
これは大きなサイズの魚だったので3回に分けて7分ずつチンした。
さっぱりして美味しい。
さっぱり味が好きならポン酢で、こってりした味が好きならマヨネーズで。
うちは大家族のわりに大きな蒸し器などがないので、これで手軽に茶わん蒸しなどの蒸し物が人数分一遍に出来るのでありがたい。それに蒸し器だとちょっと手間はかかる感じはするのが、気軽に作れるのでとても楽だ。
最近手抜き料理ばっかりだったので、また初心に戻って手をかけた料理も作ってみようかと思う。

電子レンジは全く動かなくなったわけでなく、スイッチが入ったり入らなかったりして来たので思いきって買い替えたけど、洗濯機はこの一ケ月くらいもう息も絶え絶え、という感じだったのでずっと焦っていた。
だって、洗濯機とか電化製品って、買ったら即その日に届くわけじゃないので、もし洗濯機が動かなくなったらその日からの洗濯物がどうなるかと思うとものすごくストレスになっていたので、もう耐えられずに思いきって買い替えることに決めて、ついでに電子レンジも一緒に買うことにしたのだ。
うちは大家族でオトコばっかりで、洗濯物が大量に出て大変だし、メシの支度も半端じゃないし。
便利な電化製品が使えなくなると立ち回らなくなる。

久し振りに電製品のコーナーを見て回ると、5年程前に比べて性能は格段に良くなって、でも価格はぐんと安くなっていて、まるでパソコンの世界と一緒だなあと思いつつ感心しながら見て回った。
以前は乾燥機と洗濯機は別物で、少し前にドラム式の洗濯乾燥機が出た時にはとても高くて手が出せなかったのだけど、今は以前の洗濯機の値段で乾燥機付きのものが買える。
というか乾燥機が付いているものが標準で、乾燥機能の付いていない洗濯機を探す方が難しいくらいだ。
びっくり感心しながらビックカメラの電化製品売り場を見て回ったけど、楽しかった。
やっぱり主婦としては新しい物は嬉しいものだ。
洗濯機は早いしパワーはあるし、電子レンジも早く暖まるし、効率が良い。
これで家事の能率もあがって家事に対する意欲も出てくれば安いものさ、と思いつつ山のような洗濯物を片付ける毎日さ。

|

« 久し振りに一人 | トップページ | 本場中華料理V.S沖縄料理(?) »

コメント

お料理に、洗濯に、hal-3さんの意気込みが感じられます。
美味しいお料理にありつけ、ご家族もハッピーですね。
我が家の電子レンジもそうとう古いので買い換えたほうがいいのですがまだ使えるので勿体ない気がして。。。でも機能がどんどん良くなっているのですよね。
買い換えると料理つくりの意欲が湧くのかなぁ、hal-3さんのように。

投稿: ぴえろ | 2007.04.23 11:29

ぴえろさんこんにちはーお久し振りです!
電子レンジや洗濯機、どうしてもやらなくちゃいけないことなので、どうせやるなら快適に効率よくやりたいなと思って、思いきってでかい物にしました。
洗濯機は洗濯7キロ×乾燥7キロの容量です。
想像つくかしら?かなりでかいです。
でもこれまで2回に分けていたものがいっぺんに洗濯できます。

電子レンジは、その前にずっと使っていた電気オーブンがこわれてしまったのでついでにオーブンレンジにしたのに、案外小さくてオーブン機能も役に立たなかったのでずっと不満に思いながら使ってました。
やっぱりそういうところはけちっちゃダメだなあと思いました。
でもぴえろさんちのは、十分役立ているような気がしましたけど?
ただ不満に思いながら料理作っていてもあんまり美味しいものが作れないような気がするんですよ、何となく。

今度また手作り料理持ち寄ってパーティーしましょう!

投稿: hal-3 | 2007.04.23 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/14796075

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいモノは古女房だって好きさ:

« 久し振りに一人 | トップページ | 本場中華料理V.S沖縄料理(?) »