« 新垣勉の「千の風になって」 | トップページ | サンシンの日に »

2007.03.01

久し振りに絵を描いてみた

といってもデッサンだけど。


Kogati070124元々私は『絵』的な世界の人間で、漫画やイラストやグラフィックデザインの仕事をしてきて、その方面の隠しサイトなども持ってるんだけど、よーするに『視覚』に訴えることをずっと学んで来てて、得意としてたわけです。
それがサンシンを始めてからさっぱりそっち方面にベクトルが行かず、不器用な性格のせいで、あれもこれもという事が出来ないので、『絵』の世界からはこの2年間遠ざかってました。

この絵を描いてみようと思ったのは、あるヒトの描いたイラストを目にしたから。

そのイラストは技術的には拙いながら、その奥にあるものを感じた時に切なくなって、でも心を動かされたので自分も描いてみようという気になったもの。
音楽もそうだけど、絵もつまりはテクニックなどではなく、いかにヒトの心を動かすか、掴むか、ということなんだと思う。技術は後からついてくる。

悲しい時には悲しい絵を描けば良いし、嬉しい時には嬉しい絵を描けば良いだけで。

とはいってても、この2年間、ずっとさぼっていたのでかけるかどうか心配でした。
去年後半あたりから、サンシンのことも少し精神的に余裕が出て来たので又『絵』の世界に復帰しようかと考えてて、向こうのサイトもほっぽときぱなしなので何とかせねば、とずっと考えてて、でもまだふんぎりがつかなくて、未だにその方面の仕事のオファーもあるけど、それに対する不安があって踏み切れないでいました。

それでも、何とか今年の年賀状にリハビリのつもりで何人かの方に手書きのイラストを描いて添えてみたけど、自分ってこんなに下手だったんだ〜と思ってがっかりしました(苦笑)
音楽もそうだけど、絵もちょっとさぼると確実に後退するもんだ。

ただ、サンシンは目が見えなくなっても弾けると思うんだけど(実際盲目の江戸三味線の講師がいるし)、絵は目が見えなくなると絶対に描けなくなるのが判っているので、年齢的なことを考えたらまだ今のうちに充分に絵を描いていた方がいいんじゃないかということは、サンシンを始めてからもずっと考えていた。
大体私は『視覚』の情報が一番に来る人間なので、未だにサンシンの練習をするにも『工工四(サンシンの楽譜)』を見ないと、つまり目で確認することが出来ないと音も理解できないのだ。
うちの三男にも何気なく『お母さん、音楽は目でやるものじゃありません』といわれたけど、しょーがないでしょう〜生まれて40何年、ずっと『絵』の世界で生きて来たモノをすぐに切り替えるというのはひじょーに難しい。

ホント自分の不器用さが恨めしい。
ただそれでも少し慣れて来たから、少しずつ両方出来るようになっていけばいいかなあと思う。
ので、少し勇気を出してこのデッサンを描いてみました。
(写真から起こしたものだけど)
できれば今度お会いできた時に、その心を動かされた、再び絵を描く気持ちにさせてくれたイラストを描いた方にこのデッサンを差し上げたいと思っています。

このデッサンのモデルは、私を『音』の世界に導いてくれた方でもあるのだけど、最初会った時から何となく漠然とこのヒトの絵を描いてみたいなあ、と思っていました。
この方の歌声やサンシンの音色も独特の雰囲気があって素晴らしいのだけど、絵や写真の被写体としても一種禄特のものがあると思っていたから。
絵描き心をくすぐるというか。
ホントに色々面白いヒトだと思う(笑)

この絵はこれ以上手を加える気はないんだけど、せっかくイラストボードに描いたのでフィクサチーフをかけておこうと思い、そういえば使いかけのが残っていたはず、と思い引き出しの奥を探したら、まだ開けていない未使用のスプレー缶が出て来た、
たぶん10年くらい前に買ってそのまま忘れていたものだと思うけど、果たして大丈夫なのかどうか判らない。
どきどきしながら開けて使ってみるか、新しいものを買いに行くか、それはどうしようと自由だ〜!!!(ジャジャジャ〜ン♪)
いやマジで大丈夫かどうか知ってる方がいたら教えて下さい(^-^;

|

« 新垣勉の「千の風になって」 | トップページ | サンシンの日に »

コメント

聞いてないから当たり前のことだけどだけど、知らなかった。ハルさん、絵を描くのも得意だったのですね。
ワタシもちょっとだけ油絵教室に通っていた頃がありますが、その頃の絵を見るとその時の状態が判りますよね。
とっても不安定だったみたい。想い起こすと妊娠中でした(笑

投稿: Ave | 2007.03.01 22:53

Aveさん、そうなんです、私はサンシンより絵を描く方が得意だし楽しいんです(笑)
でももう仕事にする勇気がないので、両方とも楽しんでやれればいいかなと。
油絵、私も習いましたがそっちは向いてないようでした。
絵もサンシンもその人の心を写すよね。
ちなみにこの絵はうちの長男にいわせると『愛の中にも厳しさがある』そうです(笑)
普段サンシン教わっている時とは逆になったようで。

投稿: hal-3 | 2007.03.02 09:04

Hal-3こんにちは。
やっぱり、想いって現れるんですね・・・
出てます。
母的な愛情の目線を感じます。
だから愛の中に厳しさを感じるのかな??

そういえば・・・
私も高校時代絵をちょっと描いてました。
ケント紙をぬらしてパネルに貼るなんてことしてたな〜
なんて、思い出しました。
なつかしい。

投稿: kame | 2007.03.02 10:04

kameさん、
母的な目線を感じますか?(笑)
いや〜おこがましい。
ただそこまで達観すれば腹が立つこともなくなるかも(爆)

うちにもまだ使いかけのケント紙が一〆残って、もったいないないので下の子のお絵書きに使わせてます。
皆それなりに絵に携わっていたんだねえ。
今度皆でデッサン会でもしますか。
もちろんモデルはかの方でね(笑)

投稿: hal-3 | 2007.03.02 18:23

初めまして、ピーコと申します。
可愛い子猫ちゃんに魅せられておじゃましました。
やっぱり可愛いですねえ・・・・子猫ちゃんは!
我が家には、もうすっかり年寄りになったぐうたらのトラがいます。
ちっとも遊ばなくて寝てばかりです。
絵もお描きになるんですね。
いいなあ、デッサンがお得意のようで羨ましいです。

投稿: ピーコ | 2007.03.22 22:18

ピーコさん始めまして、ようこそ。
猫、可愛いですよねえ。
うちの一番年寄りは今年10才ですが、もう大分前からババアです(笑)
写真集の子猫たちも今は1匹しか残っていませんが、すごいデブ猫になってしまいました。赤ちゃんの頃はあんなに可愛かったのに今は見る影もない、、、、
せめて写真だけでもと思いずっとアップしています。
絵は、ホントはCGの方が得意なんですが、パソコンが古くてパワーが無くなってかけなくなってしまって、今買い替えようか
どうしようか迷っているところです。
また遊びに来て下さいね。

投稿: hal-3 | 2007.03.23 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/14086375

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに絵を描いてみた:

« 新垣勉の「千の風になって」 | トップページ | サンシンの日に »