« 今年の行方 | トップページ | 今日の沖縄料理? »

2007.01.18

サンニン茶を飲みながら

牛すじ肉を煮込んでいる最中です。
今日の夕飯は、牛すじ肉と野菜のお汁とクーブ(昆布)イリチー。


Sannintya
我が家の庭先にわさわさと茂っているサンニン(月桃)の葉っぱを持て余していたら、去年の暮れにサンニンの葉っぱでお茶が作れることを耳に入れて、それから気に入ってちょくちょく作って飲んでます。
作り方は簡単。サンニンの葉っぱ2枚くらいを手でぶちぶちちぎってお湯の中に入れるだけ。
すごい新鮮なハーブティーになります。

最初は熱湯を注ぐだけの、フレッシュハーブティーのようにして飲んでいたのだけど、少し煮出した方がより香りが出て美味しいことが判ったので小鍋で5分ほど沸騰させて飲むようになりました。

飲むと不思議と気分が落ち着くので(ダメなヒトはダメみたいだけど)、きっと科学的にも何かそういう成分が入っているんだろうなと思うけど、結局は子供の頃から馴染んでいる懐かしい匂い、というのの方が大きいのかも知れない。サンニンのお香とかもあるけど、やっぱり生の葉っぱをそのまま熱を加えた方がより香りが強くなる。そろそろカーサームーチー(鬼餅)の季節だけど、うちには大きな蒸し器がないので作れない。
今年も沖縄から送られて来るのを待っていよう。

このところ、何か得体の知れないというか、言葉では表現しづらい不安な気持ちでずっと落ち着かなかった。
不安というか、不満というか、何とも表現がしづらいんだけど。
このままでいいんだろうか?と思うことはまあ色々あって、まずお酒を止めたい、けど止められないということから、サンシンにのめりこんでいくのが辛いけど止めるともっと辛い、ということや、あるヒトに関わることを止めた方がいいんじゃないかと思うんだけど、でも関わりたい、と思うようなことや、パラドックスというかラビリンスというかジレンマに陥りそうな嫌な予感というか。
ていうかもう既に陥っているだろうなと思う。

全く、止めたいなら止めればいいじゃないかと自分でも思うんだけど、麻薬みたいなもんか。
煙草の好きなヒトにいくら健康に悪いから止めなさい、といっても止められないようなものかも知れない。
とことん、体を壊すまでやらないと判らないのかも知れない。
しかしそれでは自分自身も辛いので、何とか気分転換を計ろうと先日ライブに行ってみたりしたけど、却って欲求不満な気持ちになって帰って来た。
好きなヒトの声を聞いてストレス発散しようと思っていたら余計にストレスが溜まったような感じがして、帰宅の途中や翌朝になっても何だかもやもやした気分が続いて、何でお金払ってわざわざライブ見に行ってストレスにならないといけないんだろう?とか思ったりしたんだけど、理由の一つはある程度確信していて、翌日長男の何気ない言葉でも気がついたことがあって、ある意味なるほどと納得した気がしたのだけど、最大の理由に自分で気がついて、ていうか再確認して思いきり大きな声で叫びたい気分になって、でも叫べないのでココに書きます。

『私は唄が歌いた〜い!!』

ただ思いきり唄が歌いたい。

‥昨日、あるお宅に招かれて行った。
ホントは乗り気ではなかったのだけど行く気になったのは、そのお宅のご主人が沖縄でサンシンを買って来て練習しているというのを聞いていたので、その様子を見させてもらおうという下心があったから。
案の定、早めに帰宅したご主人にお借りしてサンシンを触らせてもらって少し歌ってきたら、やっと気分が晴れたような気がした。
人前でサンシン持って歌って、始めて楽しかったと思った時かも知れない。
ちょっと雑に歌ってしまって、上手くは歌えなかったけど、聞いてくれた三人の方たちは良かったと喜んでくれたので私も嬉しくなってしまって、ご主人とそのうち暖かくなったら代々木公園で一緒に練習しましょうと約束して帰ってきたが、そうなのだ、私が感じていたもやもやはこれだったんだ、と再認識しながら思ったのだ。

私は唄が歌いたい。
サンニン茶を飲みながら、またサンシンの練習を頑張ろう、と思う。
現実の問題はまだまだ山積みで、すっきり解決できることはないけど、とにかく一つずつ片付けていくしかないさ。自分の感情も。

|

« 今年の行方 | トップページ | 今日の沖縄料理? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/13560020

この記事へのトラックバック一覧です: サンニン茶を飲みながら:

« 今年の行方 | トップページ | 今日の沖縄料理? »