« 久し振りのゴーヤー料理 | トップページ | やなわらばー »

2005.02.12

沖縄語(ウチナーグチ)

handama050212写真はハンダマ。
年末の雪や寒さに負けず、すくすくと繁茂する。
そろそろ又収穫して食べようか。

さる処で話題になっていたのでこちらでも紹介。
沖縄に、沖縄タイムズという新聞があるのだけど、その誌面で組まれた過去の特集記事のデータがサイトに保存されている。その『沖縄の風景』という特集の中に「残さびらな(残そうよ)・島ことば」という記事があって、これが非情に面白い。


『沖縄の風景』

この『沖縄の風景』という特集では、他にも小児医僚や県民の長寿についてや、全盲の教師の話などとても興味深い記事がる。
よくぞアーカイブで残してくれた、と思う。又、このネット社会で良かったと思う。
それを探して紹介してくれた方共々感謝です。
じっくり時間をかけて読んで行こう。

その「残さびらな・島ことば」という記事は、沖縄の方言について特集したもの。
昔の沖縄方言と違って、最近はウチナーグチ(沖縄口)という呼び方の方が通用するようですが、ちょっとニュアンスの違うものです。
伝統的な沖縄方言となると、もう私なぞも聞くのが精一杯で、全くしゃべることが出来ません。

上京してから27年近く経つのでろくに聞いていない、ということもあるのかも知れませんが、沖縄全体でもきちんとした方言がしゃべれるお年寄りが少なくなってきているのかも知れません。
昔、実家に私の祖父・祖母が一緒に住んでたのですが、まだ彼等は方言をしゃべってました。
(というか方言しかしゃべれなかったというか)
その時ですら、私はほとんどしゃべれなかったのですが、今思うともっと聞いておけば良かったよなあ、と後悔します。

私が幼少の頃は、沖縄の地元のテレビ局やラジオ局が毎日のように民謡や沖縄芝居の放映をしていました。
今は無いのだろうか。

その頃から目にしていた、大御所のお名前をその「残さびらな・島ことば」記事の中で見つけて、感激しました。
照屋林助、大工哲弘、登川誠仁、北島角子さん等々。
ついでにといっては何ですが、柳卓さんというアナウンサーのお名前も発見して狂喜乱舞。
うひゃ〜!!という感じです。

昔昔、私が受験勉強をしながらラジオを聞いていた時代のアナウンサーがまだご活躍なんだー、と思ったら本当に嬉しくなりました。
そういう沖縄に関することを見聞きすると、子供の頃や青春時代を思い出します。
あの時、ああいうことがあったとか、ああいうことをしていたとか、一瞬にして過去の映像が浮かんできます。

そうそう、肝心のウチナーグチですが。
年を取るにつれて言葉って大切だよなあ、と思います。
大体私は、子供の頃は内気で(今では誰も信じてくれないが。笑)いつも家でお絵書きをして遊んでいるような少女でした。
だから、絵や漫画で自己表現をする癖がついて、言葉でコミュニケーションを取るやり方を会得しないで成長したような感じです。

そして、19歳で上京してきて、はた、と気が付くとそれはとっても不味いことだったなと思いました。
それこそ都会では自己表現をきちんとしないと生きづらいし、それには言葉でもってきちんと表現しなくててはならないからです。
それから27年、何とかんとか東京で暮らして来て、表面的には標準語でコミュニケーションが取れるようにはなりましたが、それでも未だに何ともいえないじれったさを感じることがあります。

日本語標準語ではどうしても上手く表現出来ないものが、沖縄語で表現出来ることがあります。
例えば味が薄い、という「あは(ふぁ)い」という言葉。
催促する時に使う「だぁ」という言葉など。

上手く日本語訳することが出来ませんが、それでしか表現の仕様のないものです。

ケンカする時なども、標準語だと上手く自分の気持ちが表現できないことがあって(特に夫婦喧嘩の時など)、沖縄語だと上手くいえるのになあ、と悔しい思いをしたことも数知れず。
子供を叱る時も、「ばか!」ではなく「フラー!」といった方がものすごくフラーなのに、と思ったり(笑)
ものすごくジレンマを抱えて過ごしてきました。

人間は、考える時は言葉を使って考えるそうです。
ボキャブラリーが少ないとそれだけ考える力も劣ってくるそうな。
そしてそれは子供の学力にも影響するといわれています。
もちろん、言葉だけが大事な訳ではなく、創造力というのも人間が育つには必要です。
右脳と左脳ですね。
そのどちらも大切なのだけど、こと言葉に関しては大人になってから覚え直すというのはものすごく大変なので、幼少期の育ち方、育て方というのは非情に大切なことだと思います。
(現在子育て中の方は心した方が良いです)

これは英語の学習のことを考えるとすごく良く理解できると思うんだけど、アメリカでは2歳の子でも英語がしゃべれるのに日本では中学生になってからしか普通教えられないので、それではもう遅い、という。

味覚と言葉は、幼少期に覚えたモノが一生ついてくると思う。
ひいてはそれがその人の人格や性格にまで影響してくると思うと、結構恐い。
三つ子の魂百まで、というけど、そういう風なヒトいっぱいいるからなあ。

とにかく、すたれていく沖縄方言を何とかしなくては、という主旨の「残さびらな・島ことば」の記事を拝見して、色々考えされることが多かった。
そういう沖縄方言という一つの文化をどうにか残さなければ、継承しなければいけないだろう。
沖縄の文化全体的にいえると思うんだけど、そういうのって外の世界(沖縄以外の場所)に住んでいる者ほど強く思う。

その中にいると当たり前過ぎて有り難みが判らないことがある。
失ってみて気が付くことも多い。
そうなってしまってからでは本当に遅いので、一人一人が大事に大切に考えなくちゃいけないだろう。

全然関係ないけど、沖縄つながりで最近ネットで見つけてびっくりしたのが週刊ゲンダイのサイトの喜納正吉さん。
コラムを持ってて、これも偶然探し当てたのだけど、思わず「おお!」とか声が出てしまった。
去年の参院選で立候補されてて、これも知らないで行って選挙会場で見つけて、冗談半分で投票したら受かってしまって(?)ぶっとんでしまった(苦笑)

その時以来お名前を見ていませんでしたが、久し振りに見たのがネット上で、しかもコラムを連載されてるなんて、それこそ「あぎひゃー!」という感じでした(笑)

昔の彼からは想像も出来ないシチュエーションかも。

しかし、その記事で一番ショックだったのがキナショウキチさんが私より10歳しか年上じゃなかったこと。
昔はもっと年上のヒトだと思ったのに。
でもまあ、よくよく考えると彼がデビューしたのが10代の頃で、その頃私は小学生だったからそんなものかなあ、と思った。
彼もしかし年喰った、、、、自分もそうなのかと思ったらため息が出る。
それでも『花』は大好きです。
まだまだ頑張って欲しい。

|

« 久し振りのゴーヤー料理 | トップページ | やなわらばー »

コメント

hal-3 柳卓って文章を見て思わず笑っちゃいました
受験勉強中に聞いてたってもしかして「ナイトヤングメイツ」?
もしかして「ご存じ深夜大学」? 懐かしくなって琉球放送のHP見てみたら
なんと小山康昭氏も現役でアナウンサーやってましたよぉっ・・・
って全然本文と関係ないコメントで申し訳ないです

もっと関係ない話ですが、先日友人数名とカラオケへ行き
二見情話歌っちゃいました、女性でこの歌を知っている人がいなかったので
一人で二人分歌いました、でもやっぱり三線で歌いたいなって思いましたね

投稿: たーちゅ~ | 2005.02.13 00:53

たーちゅ〜さん、おはようございますー

>柳卓
たーちゅ〜さんも聞いてましたか?!
番組名はよく覚えてないのですが、そんな感じだったと思いますよ。
真夜中にすごく面白い話をしてて、爆笑して勉強になりませんでした。
懐かしい。

小山さんも、そういえばそんなヒトいたなあ!
北島角子さんもそうですが、ホントにずっと忘れてたけど久し振りに名前を拝見してホントに嬉しかったですねー
良いサイトを紹介していただいてありがとうございます。

>二見情話
何とか唄は歌えると思うんですが、サンシンはいつになることやら、、、という感じです(苦笑)

投稿: hal-3 | 2005.02.13 10:56

こんにちは。
日記、楽しく拝見させていただきました。

私は先日初めて沖縄旅行をしたのですが、初めて出会った『ハンダマ』がとても気に入りました。
こんなに美味しい野菜・・・これからも食べたい!!と思い、ネット販売を探しています。
そうこうしているうちに、こちらの日記に辿り着きました。
『ハンダマ』を栽培されているのですね・・・羨ましい・・・。
私も栽培を希望しているので、種や苗を販売しているHPや、地方発送可能な現地店舗情報を教えていただけると嬉しいです。

凄くワガママな、急なお願いで申し訳ないのですが、
よろしくお願いします!!

投稿: やっこ | 2005.03.15 10:20

やっこさん、始めまして。
ごーやー日記、楽しんでいただけて良かったです。

ハンダマですが、下のサイトで苗の販売をしています。
伝統野菜の「金時草」というものです。

日光種苗
http://www.rakuten.co.jp/nikkoseed/525907/527234/

近くにお住まいならうちの株を分けてあげるんですけど、、、、
ちなみに私は食用の束を買って葉を食べた後に、茎を挿し木しました。
簡単に育ちますよ。

投稿: hal-3 | 2005.03.16 08:06

情報をどうもありがとうございました!!
苗を手に入れて,育ててみようと思います。
早々のコメントを,ありがとうございました!!

投稿: やっこ | 2005.03.17 18:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/2897881

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄語(ウチナーグチ):

» 沖縄漫談の巨星、てるりん、逝く!(涙) [EXIT2005]
沖縄漫談の巨星、てるりんこと照屋林助さんが亡くなられました。享年75歳、肺炎や糖尿病を併発されておられたと聞きます。私はコザのてるりん館で楽しいお話を聞かせてい... [続きを読む]

受信: 2005.03.10 18:46

« 久し振りのゴーヤー料理 | トップページ | やなわらばー »