« アップルパイを焼いてみた | トップページ | 今日の沖縄料理:パパイヤイリチー »

2004.12.12

今日の料理:隼人瓜のクリームシチュー

ryouri041210
日記とは名ばかりで、何だか1週間置きの書き込みになってきた今日この頃(^-^;

先日、お向かいの家の方から隼人瓜を4個いただいた。
去年も頂いたのだけど、去年始めて目にしたものだった。
もちろん食べるのも始めてだったのだけど、種から栽培できると聞いて興味を持ってもらったもの。
実から芽が少し出た状態で、春先に植えると良い、と聞いたのだけど、少ししてもう芽が出た実があったのでまだ真冬に土中に埋めてみたら、案の定寒さ枯れしたようで芽は延びてこなかった。
つまり栽培失敗だったので、今年こそはなんとか成功させたいところ。

隼人瓜の大きさは、沖縄で良く食べるパパイヤの青い実より少し大きめ、という感じ。
味も、癖がなく何にでも使えるようだし、青パパイヤに似ている。
パパイヤと冬瓜を足して二で割ったような感じかな。

隼人瓜を使ってクリームシチューを作る。
鶏の骨付きぶつ切りと玉ねぎニンジンなどの野菜、ジャガ芋の代わりに隼人瓜を使うだけ。
全然癖がないので、家族も全く気が付かないで食べている。
ジャガ芋好きなヒトには物足りないかも知れないけど、柔らかくて結構美味しい。
今度冬瓜のように煮物にしてみよう。
あと、去年は青パパイヤと同じようにシーチキンといりちー(炒めもの)にして食べた。

栽培して上手くいくと収穫時にはわんさと出来るらしい。
楽しみだけど、ごーやーと同じで一遍に食べ切れず持て余すかも知れない。
(取らぬタヌキの皮算用。笑)

そうそう、約2週間前にうちに仔猫がやって来た。

neko041208-1
約2ケ月前に、家の庭で飼っていた外猫の一匹がいなくなり落ち込んでいたら、先月の終り頃ひょっこりとどこかから仔猫が現れた。
最近、家の近所では見かけない毛並みの猫だったけど、良く見るとうちのエヴァの息子の一匹にそっくり!
もしかしたら血の繋がっている猫かも知れない!と思い、外猫たちの残りの餌を食べに来たところを捕獲。

最初2日くらいは怖がって逃げようとしていたが、段々と慣れて2週間経った今ではすっかり飼い猫っぷりを発揮。
まるで最初から飼われていたように、エヴァよりずっと飼い猫らしい。
下の息子がお気に入りのようで、いつも側にくっついている(子供通し波長があうのかも)
写真では、風邪のせいで眼が充血していて痛々しいがいたって元気。
(現在は大分良くなっている)

エヴァも最初は嫌がってシャーシャー威嚇していたけど、段々慣れて来てあまり怒らなくなって来た。
5年ぶりに我が家にやってきた仔猫は、エヴァの息子のウリにそっくりだということで「うり子」と命名される。
これでウリと全然関係なければとんだ濡れ衣だけど(笑)、もしウリの子孫だとしたら、エヴァの玄孫くらいかも知れない!
これも何かの縁だろう。
やはり、人間にしろ猫にしろ、赤ちゃんというのは回りを和ませる。
癒しの力を持っている。

これから猫二匹、どういう関わりを持って生きていくか楽しみ。

|

« アップルパイを焼いてみた | トップページ | 今日の沖縄料理:パパイヤイリチー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/2240836

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の料理:隼人瓜のクリームシチュー:

« アップルパイを焼いてみた | トップページ | 今日の沖縄料理:パパイヤイリチー »