« 就学児検診 | トップページ | 今日の料理:隼人瓜のクリームシチュー »

2004.12.04

アップルパイを焼いてみた

img/applepie
ものすごく久し振りに(何年ぶりか覚えてないくらいに)アップルパイを焼いた。
といっても生地は冷凍のパイ生地。それも2年か前に買ってそのままフリーザーに入れっぱなしになっていたもの。
はてさてちゃんと使えるかどうか不安だったが、腐れてはいなさそうなので使ってみることにした。

私のアップルパイはずぼら流で、どこで仕入れたか判らない簡単な作り方。
パイの中身のアップルシード?をちゃんと作りません。
生のりんご(紅玉)を16等分くらいに薄くスライスしたものをレモン汁をまぶし、水気を拭き取った後砂糖をまぶします。
パイ皿に敷いたパイ生地の上に水気を拭いたリンゴスライスを並べ、シナモンシュガーを振り掛け、バターのかけらを散らしその上にパイ生地の蓋をし、その後の処理は普通のアップルパイの作り方と同じようにしてオーブンで焼きます。

リンゴが生なので少し焼く時間はかかりますが、それでも最初にリンゴを煮たりする時間がかからないので手軽に作れます。
この方が少しリンゴの歯触りが残っていて美味しいという方も。

さて今うちで使っているオーブンレンジが、電子レンジはまあ普通なんだけオーブン機能が少し劣る。
それで余計に時間がかかったのだけど、それでも子供はわくわくして待っている。

下の息子は始めてアップルパイを作る手伝いをして嬉しそう。
三男は自分が小さい頃には母は良くアップルパイなど手作りのお菓子を作っていたのに、と告げ口している。
うるせー今は忙しいんだよ。

出来上がりはまだ少し焼き時間が足りない感じで、あげく甘味も足りなくて食べながらシナモンシュガーを振り掛けて食べる感じだったけど、子供たちは美味しい美味しいとばくばく食べていた。
たまに母親の作るアップルパイはとても美味しく感じるのだろう。
ごめんなーもっと余裕があれば手作りのおやつも作ってやれるんだけど。
ホントにこのところ忙しい。

最近、平日の週5で外勤に出ている。
平日休みが取れないと、全く自分の趣味の時間も取れないし、何より家事をする時間がない。
家の中のことは週末のうちの半日で全部片付ける感じだ。
私でさえこれだから、正社員で働いているお母さん達は本当に大変だよね。

今月半ば過ぎれば少し休みも取れそうだけど、そうすると今度は年末の家の大掃除とかで大変になる。
まあ大したことはしないんだけど、それでも、やらなくちゃ、と思うだけで憂鬱になる。
全く、毎年のことながらうんざり。
誰か代わりにやってくれないかなあ(笑)

そうやって毎日毎年時間は過ぎて行って年を取って行く。ひえ〜
もうすぐ今年も終わるよーーー
今年は一年何をしていたんだろう、と毎年思う(苦笑)
それでも働かなくちゃ行けないし、生きていかなくちゃいけないし。

それよりも何よりも、私には人生でやり残していること、やり足りないことが一杯ある。
どうやって時間を作るか、それが問題だ。

|

« 就学児検診 | トップページ | 今日の料理:隼人瓜のクリームシチュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22832/2152075

この記事へのトラックバック一覧です: アップルパイを焼いてみた:

« 就学児検診 | トップページ | 今日の料理:隼人瓜のクリームシチュー »